4月(2018年)に見られた植物②

2018年4月15日(日)
4月(2018年)に見られた植物② 撮影日:2018/04/15 場所:勿来の関

今日,紹介するものは4月15日に勿来の関で観察した植物です。
植物の分類はAPG分類体系でなく旧い分類法を使用しています。

クサイチゴ
①クサイチゴ(バラ科落葉小低木)
背丈が20~60㎝と低く,草のように見えるのでクサイチゴと呼ばれるのでしょう。
花は上向きに咲きます。
大きな赤い実がなり酸味が少ない甘い実がなり食べられます。


ミミガタテンナンショウ
②ミミガタテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)
テンナンショウ属では,いち早く咲きます。
付属体(黄矢印)の下の付け根付近に雄花や雌花をつけます。
雌雄異株で,地下茎が小さいときは雄性で,何年か経って大きくなると雌性になります。
赤矢印で示した所が耳たぶの様なのでミミガタテンナンショウと呼ばれます。


ウワミズザクラ
③ウワミズザクラ(バラ科落葉高木)
小さい花が幾つも集まってホットドックの形に見える花です。
似たような感じの花にイヌザクラがあります。
同定は花をつける枝に葉が有るか無いかで決めます。
写真のものは赤矢印でつけた枝に葉が付いているので,ウワミズザクラです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた植物②

4月(2018年)に見られた蛾⑧

2018年4月14日(土)
4月(2018年)に見られた蛾⑧ 撮影日:2018/04/014 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月14日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ヒメウスアオシャク
①ヒメウスアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
前翅長11㎜くらいの小さな蛾です。
透き通っているような感じの翅は,なかなかピントが合いません。
似た種が居て簡単に同定は出来ませんが,屈曲の激しい内外横線からヒメウスアオシャクと同定しました。


アオスジナミシャク
②アオスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科) 
遠目には黒ずんだ蛾のように見えます。
写真には茶色を帯びて写ります。
内横線(赤矢印)・亜外縁線(青矢印)が二重になっています。
翅の裏を見て金色の筋があれば間違いなくアオスジナミシャクです。
<翅裏の様子はこちらです。>


シャチホコガ
③シャチホコガ(シャチホコガ科)
柱を見ると何やら大きい蛾が止まっています。
前翅長を測ると30㎜ですから大きく見えるわけです。
毛深い足を前方へ出し後翅が前翅から左右にはみ出ています。
しかも,腹端が外縁から出ているのでシャチホコガ科の蛾と分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた蛾⑧

4月(2018年)に見られた蛾⑦

2018年4月13日(金)
4月(2018年)に見られた蛾⑦ 撮影日:2018/04/011,04/012 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月11日~12日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

モミジツマキリエダシャク
①モミジツマキリエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
「みんなで作る日本蛾類図鑑」では出現月を7~8月としています。
しかし,「四国産蛾類図鑑」や「Mushi Navi」では4月に観察されています。
だから,モミジツマキリエダシャクとしました。


オオトビスジエダシャク
②オオトビスジエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
灰白色に不明瞭な筋模様がある蛾です。
この仲間は似たような筋模様なので簡単に同定出来ません。
しかし,以下のような特徴から同定することが出来ます。
A赤矢印の両端に黒ずんだ紋があります。.
B緑矢印で示した所に独特の紋があります。(個体差があります。)
C青矢印で示した外横線の様子とその下の黒い紋。
D前翅前縁に3つから4つの黒い紋があります。


キジマエダシャク
③キジマエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
黒い斑紋の間を白い横筋と黄色の縦筋が走っています。
その中でも太くて長い黄色の筋が目立ちます。
それで,それを黄縞に見立ててキジマエダシャクと呼んだのでしょう。
<その画像はこちらです。>


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた蛾⑦

4月(2018年)に見られた蛾⑥

2018年4月12日(木)
4月(2018年)に見られた蛾⑥ 撮影日:2018/04/012 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月12日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

スジエグリシャチホコ
①スジエグリシャチホコ(シャチホコガ科)
食餌植物であるカエデ類の分布が見られるので毎年見られる蛾です。
この仲間は似ているものが居て同定で苦労します。
びったり同じ画像はなく地域ごとに変異があるようです。
スジエグリシャチホコでは胸部背の毛(赤矢印)が,白~薄黄色の画像はほとんど見られ無いのが不思議です。


シロモンウスチャヒメシャク
②シロモンウスチャヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
似た蛾にクロモンウスチャヒメシャクがいます。
違いは以下の通りです。
シロモンウスチャヒメシャク・・・外横線(赤矢印)が線状です。
クロモンウスチャヒメシャク・・・外横線(赤矢印)が点列状です。


アシブトチズモンアオシャク
③アシブトチズモンアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
似た蛾にチズモンアオシャクが居ます。
違いは以下の通りです。
A赤矢印をつけた帯状の横線が前縁と交わる所で直角に近い角度ならアシブトチズモンアオシャクです。
B斜めに交わるものはチズモンアオシャクです。
C青矢印の部分が大きく出張るのはアシブトチズモンアオシャクです。
Dあまり出張らないのはチズモンアオシャクです。
<詳しくはこちらをご覧下さい。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた蛾⑥

4月(2018年)に見られた蛾⑤

2018年4月11日(水)
4月(2018年)に見られた蛾⑤ 撮影日:2018/04/011 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月11日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

クロオビシロフタオ
①クロオビシロフタオ(ツバメガ科フタオガ亜科)
前翅長が8㎜程度の小さな蛾です。
前翅にある黒い紋を帯に見立ててクロオビと呼んでいるのでしょう。
後翅外縁にある突起を尾(赤矢印)に見立てています。


カギモンキリガ
②カギモンキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科) 
2つの黒い紋を鉤(かぎ:物を引っかける道具)に見立ててカギモンキリガと名付けています。
錠前の鍵穴に似た紋をもつカギモンヤガと混同しないように注意しましょう。
幼虫はツルグミ・ナツグミの葉を食べます。


ノヒラトビモンシャチホコ
③ノヒラトビモンシャチホコ(シャチホコガ科)
腹端(赤矢印)が外縁から覗いているのでシャチホコガ科と予想がつきます。
一見コトビモンシャチホコふうの蛾です。
でも,翅頂近くの黒紋に円味が無いのでノヒラトビモンシャチホコと分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた蛾⑤

ウスバキエダシャク

2018年4月10日(火)
ウスバキエダシャク 撮影日:2012/04/11,2011/04/07,2017/04/19 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のウスバキエダシャクを紹介します。
今年も,四月になったらウスバキエダシャクが出現してきました。
見ただけでエダシャク亜科と分かりますが,同定するには時間がかかります。
その訳はこの仲間は似ているものが多いからです。

ウスバキエダシャク
触角が櫛歯状なので雄のウスバキエダシャク
そこでどのような特徴が見られるか調べました。
内横線は前縁近くで急に頭部の方へ曲がります。
その内横線が後縁まで伸びています。
内横線と後縁の交差点を結ぶと腹部背を通ります。
①その腹部背は黒くなっています。(黄矢印)

ウスバキエダシャク
これも触角が櫛歯状なので雄のウスバキエダシャク。
前翅外横線(赤矢印)には山のよう高くなった所(2つの赤矢印と前縁に近い所)が3つあります。
②その内の2つ(赤矢印)の所に黒点があります。
 雌(最後の写真)では不明瞭です。

ウスバキエダシャク
触角が糸状なので雌のウスバキエダシャク。

③白い亜外縁線(青矢印~青矢印)があります。
④内横線と外横線の間に短い黒筋があります。


科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 ウスバキエダシャク
大きさ 開張 雄27~31㎜ 雌22~30㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 4~5月
食餌動植物 幼虫はヒメヤシャブシ,クマシデ,イヌツゲ,コマユミ,ナツハゼ,エゴノキ,ハルニレの葉を食べます。
特徴 雄の触角は櫛歯状,雌は糸状です。

腹部背の 内横線を 結ぶ場所(黒くなる)


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスバキエダシャク

ウスキヒゲナガ

2018年4月9日(月)
ウスキヒゲナガ 撮影日:2018/04/09 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月9日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ヒゲナガガ科のウスキヒゲナガを紹介します。
灯火の周りをよく探すと触角が長い蛾が居ます。

ウスキヒゲナガ
前翅長は9㎜の小さなウスキヒゲナガ
その触角の長さは,体長の倍以上あります。
色は白く黒い筋模様があります。

ウスキヒゲナガ
体長の二倍以上長い触角を持つウスキヒゲナガ
翅色は淡褐色に見えますが,黄土色を濃くした色をしています。
似た蛾にアトボシウスキヒゲナガが居ますが前翅後縁の中央にも白紋があります。
このウスキヒゲナガは後角(赤矢印)にのみ白紋があります。

ウスキヒゲナガ
後角にのみ白紋があるウスキヒゲナガ。
翅には褐色の格子模様が見られます。
前翅長を測ったら9㎜しかない小さな蛾です。

ウスキヒゲナガ
よく似ているアトボシウスキヒゲナガは白紋が後縁中央にもあるのでウスキヒゲナガと区別がつきます。

科名 ヒゲナガガ科
和名 ウスキヒゲナガ
大きさ 開張 19~20㎜
分布  本州,四国,九州
出現月 4~5月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 後角にのみ白紋があります。

ポイントは 後角にのみ 白紋が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスキヒゲナガ

4月(2018年)に見られた蛾④

2018年4月8日(日)
4月(2018年)に見られた蛾④ 撮影日:2018/04/08 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月8日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ウスクモエダシャク
①ウスクモエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
内横線・外横線が黒くて明瞭な蛾です。
内横線が大きく湾曲していますが,その外側に黒点があります。
後翅外横線の外側に薄褐色の筋があります。


フタナミトビヒメシャク
②フタナミトビヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科) 
フタナミというのは内横線と亜外縁線が波のように曲がっているからなのでしょうか。
羽化したばかりで擦れていない為か奇麗な蛾です。
特に縁毛の生え際に白い斑模様が等間隔に並んでいてアクセントになっています。


ヘリスジナミシャク
③ヘリスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
この蛾はシャクガ科でも何の仲間なのかいつも迷ってしまいます。
中横線や外横線が波を打っていないのでエダシャク亜科を探しましたが,見つかりません。
次にヒメシャク亜科を探しましたが,見つかりません。
亜外縁線が波を打っているのでナミシャク亜科の可能性があると思い探して見つけました。


テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた蛾④

バラシロエダシャク

2018年4月7日(土)
バラシロエダシャク 撮影日:2013/05/01,03/24,2011/07/30 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のバラシロエダシャクを紹介します。
白い地に黒及び灰色の帯模様や黒点がある蛾です。
しかし,それらの形や濃さには個体差があっていろいろです。

バラシロエダシャク
太い外横線(青矢印)や太い亜外縁線(緑矢印)が濃いバラシロエダシャク
個体差はあっても,3つの矢印で示したものはどの個体にもあります。
①前翅中央から少し前縁に寄った場所に黒点(赤矢印)があります。
②幅の広い外横線(青矢印)があります。
③幅の広い亜外縁線(緑矢印)があります。

バラシロエダシャク
普通は後翅が見えるように開いて止まることが多いバラシロエダシャク
幼虫がバラ科の植物を餌としていて白い地なのでバラシロエダシャクと名付けられたのでしょう。

バラシロエダシャク
どちらの横線も薄いバラシロエダシャク。

科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 バラシロエダシャク
大きさ 開張 22~24㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 4~8月
食餌動植物 幼虫はウワミズザクラ,マメザクラ,カスミザクラ,モモ,ズミ,ナナカマドの葉を食べます。
特徴 黒い模様には個体差があります。

ポイントは 黒点1つ 後翅にも


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : バラシロエダシャク

4月(2018年)に見られた蛾③

2018年4月6日(金)
4月(2018年)に見られた蛾③ 撮影日:2018/04/05,04/06 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月5日~6日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

クロテンヨトウ
①クロテンヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
それぞれの線には次の様な名前がついています。
緑矢印・・・内横線
黄矢印・・・中横線
赤矢印・・・外横線
青矢印・・・亜外縁線
黒点は内横線と中横線の間に一つあります。
外横線と亜外縁線との間にも幾つか並んでいます。


ケンモンキリガ
②ケンモンキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
「四国産蛾類図鑑」を掲載されているnabeさんが「高知の自然 ブログ」で「この蛾は三桁飛来する。」とライトトラップを仕掛けたときのことを以上のようにブログで紹介されています。その理由は幼虫がスギ、ヒノキ、アスナロを食べるからです。
この様にケンモンキリガは,我々人間のお陰で現在,大繁栄しています。
次の様な同定ポイントがあります。
A黒い剣紋(棒状の紋)が2対あります。
 だから,ケンモンキリガと名付けられたのでしょう。
Bそれらは,赤矢印と緑矢印です。


バラシロエダシャク
③バラシロエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
地が白い所は昨日紹介しましたフタホシシロエダシャクに似ています。
この蛾にも,前縁に黒紋が2つありますが,位置も間隔も違います。
大きな違いは,外縁に沿って広がる黒や灰色の斑模様があることです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 4月(2018年)に見られた蛾③

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測