FC2ブログ

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ④

2019年8月9日(金)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ④ 撮影日:2019/06/28,07/24,07/31 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で6月28日と7月24日,7月31日に観察したカミキリムシです。
後2日間くらい主に北茨城と勿来の関で見られたカミキリムシを紹介します。
これらのカミキリムシは家周辺および灯火に飛来したものです。

セミスジコブヒゲカミキリ♀
①セミスジコブヒゲカミキリ♀( カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
このカミキリムシは♀か♂かは一見して分かります。
それは触角の瘤の様子で分かるのです。
♀の瘤は,根元から最初のものがふくらんでいます。


セミスジコブヒゲカミキリ♀
②セミスジコブヒゲカミキリ♀
♀の触角は体長の2.3~2.5倍程で♂より短いです。
胸部背にある3本の筋がセミスジのいわれと思われます。


セミスジコブヒゲカミキリ♂
③セミスジコブヒゲカミキリ♂
♂の瘤は,根元から1番と2番目の瘤(緑矢印)がふくらんでいます。
特に2番目の瘤はふくらんでいます。


セミスジコブヒゲカミキリ♂
④セミスジコブヒゲカミキリ♂
分布は北海道(南部),本州,小笠原諸島(母島),飛島,佐渡島,冠島,四国,九州,対馬,五島列島(糀島)です。
出現期は6~8月です。
各種広葉樹及び針葉樹を食べます。
♂の触角は体長の3.0~3.8倍で♀より長いです。


ニイジマトラカミキリ
⑤ニイジマトラカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科)
黒い地に黄色の横線が目立つカミキリムシです。
短い触角も手伝ってハチを思わせます。
新島善直博士をたたえてニイジマトラカミキリと名付けられたようです。


ニイジマトラカミキリ
⑥ニイジマトラカミキリ
分布は,北海道,本州,佐渡,四国,九州,対馬,屋久島です。
カエデ類,リョウブを餌としています。
出現期は,6~8月です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ③

2019年8月8日(木)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ③ 撮影日:2019/07/16,07/17 撮影場所:勿来の関,北茨城

今日,紹介するのは北茨城と勿来の関で7月16日と7月17日に観察したカミキリムシです。
後3日間くらい主に北茨城と勿来の関で見られたカミキリムシを紹介します。
これらのカミキリムシは家周辺および灯火に飛来したものです。

ホソトラカミキリ
①ホソトラカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科)
井戸水を汲もうとして出口を見ると見慣れない紋を持った昆虫が居ます。
触角が長いのでカミキリムシ科を探して見つけました。
体長10㎜程度の小さなカミキリムシです。
黒地に(黄色く見えますが)白紋があります。


ホソトラカミキリ
②ホソトラカミキリ
分布は北海道,利尻島,本州,佐渡,四国,九州です。
出現時期は5~8月です。


ホソトラカミキリ
③ホソトラカミキリ
アリのように見えますが,牛のような顔・長い触角・上翅の紋から直ぐカミキリムシと分かります。
寄生植物はモミ,エゾマツ,トドマツ,ツガ,オニグルミ,サクラ,ブナです。


センノカミキリ
④センノカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
体長は20~36㎜です。
出現時期は6~10月です。
<詳しい画像はこちらです。>


センノカミキリ
⑤センノカミキリ
触角が大変長く体長の2.5倍くらいあります。
上翅には不明瞭な黒っぽい横帯が見られます。
ハリギリ(センノキ)・ヤツデ・タラノキ等のウゴギ科植物の生木を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ②

2019年8月7日(水)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ② 撮影日:2019/06/19,07/07 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で6月19日と7月7日に観察したカミキリムシです。
後4日間くらい主に勿来の関で見られたカミキリムシを紹介します。
これらのカミキリムシは灯火に飛来したものです。

シロスジカミキリ
①シロスジカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)  2019/06/19撮影
体長が50㎜くらいの大きなカミキリムシです。
日本産カミキリムシの中で最大種です。


シロスジカミキリ
②シロスジカミキリ
分布は本州,四国,九州,佐渡,対島,壱岐,奄美大島,徳之島などです。
出現期は6~8月です。


シロスジカミキリ
③シロスジカミキリ
幼虫はクリ,クヌギ,ナラなどの生木の材部を食べます。
胸部には刺状の突起(赤矢印)があります。
捕まえるとギィギィ音を立てるので驚きます。
この写真では紋や筋模様が白っぽくなっていますが,以前に写したものは黄色です。
<その様子は,こちらをご覧下さい。>
前翅には黄色の紋や筋模様が並んでいますが,命が絶えると白くなります。
標本を基に名前を付けるので,和名にはシロスジカミキリと名付けらました。


キボシカミキリ
④キボシカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)  2019/07/07撮影
体長14~30㎜の中くらいのカミキリムシです。
黒っぽい地に大小の黄紋が沢山あります。


キボシカミキリ
⑤キボシカミキリ
分布は本州,四国,九州,沖縄です。
出現期は5~11月です。


キボシカミキリ
⑥キボシカミキリ
幼虫はクワ,イチジク,ミカンなどの生木を食害します。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ①

2019年8月6日(火)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ① 撮影日:2019/05/19,06/06 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で5月19日と6月6日に観察したカミキリムシです。
今日から五日間くらい主に勿来の関で見られたカミキリムシを紹介します。
これらのカミキリムシは灯火に飛来したものです。

ヤツメカミキリ
①ヤツメカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
体長が12~18㎜の小さなカミキリムシです。
緑を帯びた青い色が綺麗な昆虫です。
胸部背および上翅側縁沿いに黒い紋が並んでいます。


ヤツメカミキリ
②ヤツメカミキリ
分布は北海道,本州,伊豆諸島,佐渡,隠岐,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,沖縄です。
出現期は5~8月です。


ヤツメカミキリ
③ヤツメカミキリ
成虫の餌は,ウメ,ソメイヨシノ,オオヤマザクラ,アズキナシなどの葉です。
幼虫は樹皮下の材部を食べます。


ヒメクロトラカミキリ
④ヒメクロトラカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科)
体長4.5~8㎜の小さなカミキリムシです。
遠くから見るとアリのようです。
近くからだと長い触角と背中の黄色い紋でカミキリムシの仲間と分かります。


ヒメクロトラカミキリ
⑤ヒメクロトラカミキリ
分布は北海道,本州,四国,九州,佐渡,伊豆諸島,隠岐,対馬,屋久島です。
出現期は4~6月です。


ヒメクロトラカミキリ
⑥ヒメクロトラカミキリ
成虫はカエデ,ミズキなど各種の花に集まります。
幼虫は各種広葉樹を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ヤツメカミキリ

2019年1月3日(木)
ヤツメカミキリ 撮影日:2018/06/01 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したヤツメカミキリです。

ヤツメカミキリ
①ヤツメカミキリ(甲虫目カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
上翅が固そうに見え触角が長いのでカミキリムシと同定出来ます。
上翅の端から出ている黒いのは下翅です。
上から見ると斑紋の様子がよく分かります。
上翅には,黒くて円味のある黒点が8つあります。
これがヤツメカミキリと名付けられた所以です。
更に,上翅上部には黒い筋があります。


ヤツメカミキリ
②ヤツメカミキリ
サクラ類や灯火に飛来します。
胸部には4つの黒点があります。


ヤツメカミキリ
③ヤツメカミキリ
正面と前面から見ると黒い複眼が触角の根元を取り囲んでいるのが分かります。
上側と脇の方は細くなっていますが,このお陰でどこに居るものでも分かるのでしょう。
体長(頭から腹端まで)は15㎜程度の小さい昆虫です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測