5月に見られた蛾⑥(2017)

2017年5月14日(日)
5月に見られた蛾⑥(2017) 撮影日:2017/05/08~05/14 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月8日~5月14日に飛来した蛾です。

フタモンクロナミシャク
①フタモンクロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
この蛾に似た蛾が幾つか居て迷います。
A青矢印と水色矢印の横帯が等間隔で並んでいます。
B外に大きく張り出した波形紋様があります。
C外縁に沿って白い亜外縁線があります。
以上の三点からフタモンクロナミシャクとしました。


カザリツマキリアツバ
②カザリツマキリアツバ(ヤガ科カギアツバ亜科)
前方へ下唇鬚(かしんひげ)が出ているのでアツバの仲間だと分かります。
この蛾はチョウセンツマキリアツバに似ています。
でも,翅頂近くに焦茶色紋があることからカザリツマキリアツバと分かります。


クロスジアツバ
③クロスジアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
勿来の関の階段を上っているときに突然飛び出した蛾が居ます。
写真を見ると後方へ反り返った下唇鬚(かしんひげ)があります。
それから,アツバの仲間だと分かりました。


アカオビリンガ
④アカオビリンガ(コブガ科リンガ亜科)
クロオビリンガと似ていて紛らわしい蛾です。
この蛾には赤茶色の外側に黒い線がないのでアカオビリンガと判断しました。
以前に投稿した<クロオビリンガの記事>を見て下さい。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月に見られた蛾⑥(2017)

5月に見られた蛾⑤(2017)

2017年5月12日(金)
5月に見られた蛾⑤(2017) 撮影日:2017/05/11,05/12 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月11日と5月12日に飛来した蛾です。

イカリモンガ
①イカリモンガ(イカリモンガ科)
昼行性の蛾で道端を歩いていると突然近寄る蛾がいました。
止まった前翅には赤橙色と黒い紋があります。
それを見た途端イカリモンガと分かりました。
慎重に近付き写真を撮りました。
前翅に碇の紋があるのでイカリモンガと名付けられました。


マエベニノメイガ
②マエベニノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。
美しい紅色をした前翅を少し開いています。
その下には薄褐色の後翅が見えています。
前の方の翅(前翅)が紅色なのでマエベニノメイガと呼ばれるのでしょう。


ハネナガブドウスズメ
③ハネナガブドウスズメ(スズメガ科ホウジャク亜科)
上の方を見ると大きなスズメガが止まっています。
大きい蛾を見るとつい嬉しくなってしまいます。
初めて見る蛾でしたので尚,嬉しくなりました。
少し離れた所だったのでフラッシュを焚いて写しました。
それで,茶色を帯びた画像になってしまいました。


ゴマフリドクガ
④ゴマフリドクガ(ドクガ科)
5月8日あたりから急にゴマフリドクガが出現してきました。
五大ドクガの一種で触れたら痒(かゆ)み出て何日も止まらないそうです。
五大ドクガについては「勿来の関 周辺の 蛾 ドクガ科」をご覧下さい。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月に見られた蛾⑤(2017)

5月に見られた蛾④(2017)

2017年5月11日(木)
5月に見られた蛾④(2017) 撮影日:2017/05/08,05/10 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月8日と5月10日に飛来した蛾です。

フタトビスジナミシャク
①フタトビスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
この様な紋様を持つ蛾がいて区別が大変です。
でも,次の様な2箇所が違うので区別がつきます。
①赤矢印で示した様にその場所が凹んでいます。
②青矢印で示した様に横線の中央あたりで外側に大きく出張ります。


スジベニコケガ
②スジベニコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科) 
黄色い地に赤い筋と黒い斑模様が並ぶ何とも奇麗な蛾です。
ゴマダラベニコケガと似た感じの蛾です。


フサヤガ
③フサヤガヤガ科(フサヤガ亜科)
この蛾を見る度,必ず私は前翅長を測っています。
わずか2ミリの差で,フサヤガかコフサヤガかが決まるからです。
17㎜だったのでフサヤガと断定しました。
止まるときには翅を畳んでいます。


ナカキエダシャク
④ナカキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
褐色の筋模様が何本もあるシャクガです。
前翅も後翅も後角付近が焦げ茶色になっています。
止まるときには腹端を上へ反らすことが多いです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月に見られた蛾④(2017)

5月に見られた蛾③(2017)

2017年5月10日(水)
5月に見られた蛾③(2017) 撮影日:2017/05/04~05/07 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月4日~5月7日に飛来した蛾です。

ソトシロオビナミシャク
①ソトシロオビナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
翅の色は個体差があってまちまちです。
この写真では,赤矢印で示した横線が内側の横線よりも白っぽく見えます。
標本にしたものもこの様に外側が白っぽかったのでソトシロオビナミシャクと名付けられたのでしょう。


シャチホコガ
②シャチホコガ(シャチホコガ科)
この写真を見て変な格好をしていると思われるでしょう。
後翅が幅広いために前翅から,はみ出しているからです。
成虫は何も食べません。
幼虫がシャチホコに似ているのでシャチホコガと名付けられたのでしょう。


ヘリスジナミシャク
③ヘリスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
名前通りに外縁沿いに褐色の筋模様がある蛾です。
どこにナミシャク亜科の目印である波形の模様があるか分からぬ蛾です。


シロエグリコヤガ
④シロエグリコヤガ(ヤガ科ベニコヤガ亜科)
前翅長が6㎜と小さな蛾です。
写真の様に翅を閉じて止まるのをよく見ます。
それで閉じて止まっていると「はて何という蛾だろう。」と迷ってしまうことがあります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月に見られた蛾③(2017)

5月に見られた蛾②(2017)

2017年5月1日(月)
5月に見られた蛾②(2017) 撮影日:2017/05/07 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月7日に飛来した蛾です。

オオハガタナミシャク
①オオハガタナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
外縁に近い部分が歯の形に似ているのでオオハガタナミシャクと名付けられたのでしょう。
ハガタナミシャクに似ていますが,オオが付くのに何故か小さいです。
赤矢印で示した様に波形の紋様が並んでいるのでナミシャク亜科と分かります。
この写真の様に腹端を上げて止まることがあります。


シロモンウスチャヒメシャク
②シロモンウスチャヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
名前とは裏腹に,後翅にある紋は黒いです。
クロモンウスチャヒメシャクの方も名前と裏腹に後翅にある紋は白いです。
赤矢印で示した横線が線で繋がっているのがシロモンウスチャヒメシャクです。


アオスジナミシャク
③アオスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
裏を見ると焦茶色や橙色の筋模様<下記参照>があるのですぐ区別がつきます。
勿来の関 周辺の 蛾 シャクガ科 ナミシャク亜科 1参照(下から3段目です。)
でも,表には赤矢印で示した様な白い斑点があるので同定は可能です。


スカシコケガ
④スカシコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
透けて見えるような白い地に灰色の紋や黒い紋がある蛾です。
中央近くにある黒紋が目のようで人の顔のように見えます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月に見られた蛾②(2017)

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測