FC2ブログ

ホソオビヒゲナガ

2018年12月30日(日)
ホソオビヒゲナガ  撮影日:2016/05/22,2018/05/31 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したホソオビヒゲナガです。

ホソオビヒゲナガ雌
①ホソオビヒゲナガ雌(ヒゲナガガ科)  途中から太さと色が変わる雌の触角。
触角がとても長い蛾です。
雌の触角は,雄とは少しかわっています。
半分から根元の方は太くて黒く(赤矢印),その先は白くなっています。


ホソオビヒゲナガ雄
②ホソオビヒゲナガ雄(ヒゲナガガ科)  とても長い雄の触角。
雄の触角は長くて驚いてしまいます。
雌と同じく根元の方は,黒ずんでいます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ミノウスバ

2018年12月14日(金)
ミノウスバ 撮影日:2018/11/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関と北茨城で観察したミノウスバです。

ミノウスバ
①ミノウスバ雌(マダラガ科)
去年に続いて二度目の観察です。
去年は庭の隅にひっそりと佇んで居ました。
今年は家の中に忍び込んで居ました。
ミノウスバはマサキを餌としています。
マサキを生け垣としている家が近くにあるので私の家の周りで見つかるのでしょう。


ミノウスバ
②ミノウスバ雌
腹部の様子を蓑(みの)に見立てて名付けています。
名前にウスバと付いているだけに後翅が透けて見えています。
雄の触角は櫛歯状で,雌は糸状なので,この写真の蛾は雌です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

エゾギクトリバ

2018年12月10日(月)
エゾギクトリバ 撮影日:2018/10/21 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したエゾギクトリバです。

エゾギクトリバ
①エゾギクトリバ(トリバガ科)
トリバガ科の蛾は鳥たちが大空を滑空している様な姿で止まります。
だから,トリバガ科に分類されているのでしょう。
細い翅に紋様が無ければ同定は無理でしょうが,幸い独特の紋様があるので可能です。


エゾギクトリバ
②エゾギクトリバ(トリバガ科)
赤矢印の所に歪んだ三角形の黒褐色紋が有ります。
外縁に沿って長方形の黒褐色の紋が有りますが,この紋の内側に白い筋(緑矢印)が有ります。
腹部背にある紋様は個体差があって一様ではありません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

モチツツジメムシガ

2018年8月9日(木)
モチツツジメムシガ  撮影日:2018/05/18 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するモチツツジメムシガは2018年5月18日に勿来の関で観察したものです。

モチツツジメムシガ
モチツツジメムシガ
初めて観察する蛾です。
スガ科の多くは頭部を壁に付けるようにしながら腹端を上げて止まります。


モチツツジメムシガ
モチツツジメムシガ
初めはモチツツジメムスガと呼ばれていたのでしょうが,訛(なま)ってモチツツジメムシガとなったと思われます。
白・黄・薄褐色で彩られているので綺麗に見える蛾です。


モチツツジメムシガ
モチツツジメムシガ
前翅長が5~6㎜くらいの小さな蛾です。
頭部から前翅後縁の半分以上が白いです。
前翅前縁と前翅外縁沿いに白紋が並んでいます。
前足・中足は白いです。
触角には白と黒の斑模様が並んでいます。


科名 スガ科
和名 モチツツジメムシガ
開張 10~12㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現期 5~7月
食餌動植物  モチツツジ、ヤマツツジ,シロヤシオの新芽を食べます。
特徴 

白い背に 黄色の胸が 洒落ている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : モチツツジメムシガ

ベニオビヒゲナガ

2018年8月5日(日)
ベニオビヒゲナガ   撮影日:2018/06/19 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するベニオビヒゲナガは6月19日に勿来の関で観察したものです。

ベニオビヒゲナガ
ベニオビヒゲナガ
歩きながら木の葉上を見ていました。
すると,突然鮮やかな紅色をした蛾が上から降りてきて止まりました。
おそらく,葉裏にいたものが人影に驚いたのでしょう。


ベニオビヒゲナガ
ベニオビヒゲナガ
触角の半分くらいまでは黒くなっていて,白くなる堺付近で太くなっています。
毛が生えているから太くなっているようです。(赤矢印の所が太くなっています。)
このような構造のものは雌です。


ベニオビヒゲナガ
ベニオビヒゲナガ
一方,雄の触角は白い部分がもっと長くなっています。
その上太さは同じなので触角を見れば,長さと・太さで雄雌が分かります。
前翅の黒ずんでいる所は光の反射の具合で金色に見えます。


科名 ヒゲナガガ科
和名 ベニオビヒゲナガ
開張 17~20㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現期 5~7月
食餌動植物  分かっていません。
特徴 雄と雌では触角の長さや太さが違います。

雌のひげ 中程黒く 太くなる 


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ベニオビヒゲナガ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測