FC2ブログ

クロフタオ

2019年12月25日(水)
クロフタオ 撮影日:2019/08/25 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年8月25日に観察したクロフタオです。

クロフタオ
①クロフタオ♀(ツバメガ科フタオガ亜科)
初めて見る蛾です。
シャクガ科の蛾のように見えましたが,赤矢印が指している所を見て気が付きました。
「きっとツバメガ科だろう。」と思いツバメガ科を調べたら予想的中でクロフタオらしいと分かりました。
でも,「何か変。どこか違うようだ。」と感じました。
「虫ナビ」さんの記事を読んだり,画像を見たりしてその訳が分かりました。
それは,♂と雌で白紋の様子が違うからでした。
♀は前翅中央と後翅前縁が白くなります。
♂は全体的に黒い翅です。
♂の触角は櫛歯状です。


科名 ツバメガ科フタオガ亜科
和名 クロフタオ
開張 15~20㎜
出現月 7~8月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 幼虫はナナカマド,ハシドイを食べます。
特徴 

雌と雄 白紋の位置 違うなり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

モトキメンコガ

2019年12月10日(火)
モトキメンコガ 撮影日:2012/07/21 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは北茨城で2012年7月21日に観察したモトキメンコガです。

モトキメンコガ
①モトキメンコガ(ヒロズコガ科メンコガ)
過去の画像を見ていたら,モトキメンコガの写真がありました。
前翅の半分は薄黄色で後は焦茶色です。
似ている蛾にクロエリメンコガが居るので注意が必要です。
クロエリメンコガとの区別は次の通りです。
・胸部背は薄黄色・・・モトキメンコガ
・胸部背は焦茶色・・・クロエリメンコガ


モトキメンコガ
②モトキメンコガ
頭から前翅の半分近くまで薄黄色です。
元の方から黄色なのでモトキメンコガと名付けられたのでしょう。
この蛾は止まるとき触角を前方へ伸ばします。


クロエリメンコガ
③クロエリメンコガ(ヒロズコガ科メンコガ)  2012/06/20撮影
昨日の写真では黒くなっている様子が分かりづらいのでよく分かる写真を載せます。
頭は薄黄色です。
前胸部(赤矢印)が焦茶色になっていて,襟巻きをしているようです。


科名 ヒロズコガ科メンコガ亜科
和名 モトキメンコガ
開張 10~12㎜
出現月 5,7月
分布  本州,四国,九州
食餌動植物 分かっていません。
特徴 クロエリメンコガに似ています。


頭から 翅の半分が 薄黄色


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロエリメンコガ

2019年12月9日(月)
クロエリメンコガ 撮影日:2011/06/17,2016/08/21,2019/09/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは北茨城で2019年9月8日に観察したクロエリメンコガです。

クロエリメンコガ
①クロエリメンコガ(ヒロズコガ科メンコガ亜科)  2011/06/17撮影
似ている蛾にモトキメンコガが居るので注意が必要です。
でも頭部の色で簡単に区別がつくので安心です。
・頭部が焦茶色・・・クロエリメンコガ
・頭部が薄黄色・・・モトキメンコガ


クロエリメンコガ
②クロエリメンコガ  2016/08/21撮影
前翅の色は薄黄色と焦茶色のツートンカラーです。
頭部は焦茶色になっていて黒い襟巻きをしているようです。
だから,クロエリメンコガと名付けられたのでしょう。


クロエリメンコガ
③クロエリメンコガ  2019/09/08撮影
前翅長は5~6㎜で小さい蛾です。
幼虫の食性はシナノキの枯枝を食べるという変わり種です。


科名 ヒロズコガ科メンコガ亜科
和名 クロエリメンコガ
開張 10~12㎜
出現月 5~10月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 シナノキの枯枝を食べます。
特徴 モトキメンコガに似ています。


薄黄色 下は焦茶で 頭が黒い


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

セミヤドリガ(幼虫)

2019年12月8日(日)
セミヤドリガ(幼虫) 撮影日:2019/09/01 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは北茨城で2019年9月1日に観察したセミヤドリガ(幼虫)です。

セミヤドリガ
①セミヤドリガ(セミヤドリガ科)  脇腹に付いている白いものが幼虫です。
床にセミが止まっています。
ところが,脇腹に何やら白い物体が付いています。
セミは胸部背の模様からミンミンゼミと分かりました。


セミヤドリガ
②セミヤドリガ  脇腹に付いている白いものが幼虫です。
白いものを見ているうちに突然,「これは,セミヤドリガだ。」と気が付きました。
蛾の幼虫の多くは,植物の葉・花等を食べて大きくなります。
ところが,セミヤドリガはセミに取り付いて養分を摂取して大きくなります。
セミヤドリガの幼虫はセミの羽化から息が絶えるまでの約2週間余りで孵化から終齢幼虫まで育たなければなりません。
産み落とされた卵がセミに辿り着く方法はよく分かっていません。
いろいろな仮説があり興味を持ちました。
詳しくは『ウィキペディア(Wikipedia)』のセミヤドリガをご覧下さい。


科名 セミヤドリガ科
和名 セミヤドリガ
開張 16~18㎜
出現月 8~9月
分布  本州,四国,九州
食餌動植物 ヒグラシ,ミンミンゼミ,アブラゼミ,ツクツクホウシ,ニイニイゼミ,ヒメハルゼミ等に取り付き養分を摂取します。
特徴 幼虫は白く成虫は黒いです。セミに寄生して成長します。


幼虫は セミに取り付き でかくなる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クワコ

2019年11月18日(月)
2165 クワコ 撮影日:2019/11/18 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは北茨城で11月18日に観察したクワコです。
画像は同一蛾です。

クワコ
①クワコ(カイコガ科) クワゴともいいます。
蛾の飛来が少なくなって寂しい思いをしています。
2番目の灯火を見ると薄褐色の何やら見覚えのある蛾が止まっています。
前翅外縁に沿った一部分が焦茶色で後は薄褐色の蛾です。


クワコ
②クワコ
カイコの祖先といわれています。
カイコは飛べませんがクワコは飛ぶことが出来ます。
幼虫はクワ・ヤマグワの葉を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測