ウスオビヒメエダシャク 髭男に見え

2015年8月12(水)
ウスオビヒメエダシャク 髭男に見え 撮影日:2011/07/08,07/10,07/03 場所:勿来の関

 シャクガ科エダシャク亜科のウスオビヒメエダシャクの紹介です。
 黄色の地に短黒条が集まった斑模様のある蛾が止まっています。開張21~25mmと小さな蛾ですが,黄と黒の配色で目に留まります。
ウスオビヒメエダシャク
このような糸状の触角を持つのは雌であるウスオビヒメエダシャク
 このウスオビヒメエダシャクは触角の様子で雄か雌か分かります。最初の写真のように触角が糸状なら雌です。2番目・3番目の写真のように櫛歯状の触角を持つものは雄です。

ウスオビヒメエダシャク
このような櫛歯状の触角を持つものは雄であるウスオビヒメエダシャク。
 ウスオビヒメエダシャクを見ていると髭の男のように見えてしまいおかしくなってしまいます。

ウスオビヒメエダシャク
短黒条の集まりが髭に見えてしまうウスオビヒメエダシャク。

 科名 シャクガ科エダシャク亜科
 和名 ウスオビヒメエダシャク
 大きさ 開張21~25mm
 食餌動植物 幼虫はウリハダカエデ、ウリカエデ、ホザキカエデの葉を食べます。
 分布 北海道(南部),本州,四国,九州
 出現月 5~9月 
 特徴 雄の触角は櫛歯状で、雌は糸状です。

触角で 雄か雌かが 分かります


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

●2つのランキングに参加中です!! ●                    
クリック応援お願いします。                        
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスオビヒメエダシャク

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測