FC2ブログ

キリガ類と 春出現するキリガと

キリガ類と 春出現するキリガと (前翅に似たような黒い紋がある蛾)
 キリガ類とはヤガ科の一部分の仲間に付けられた名称です。「どんな特徴がある仲間ですか。」と聞かれても,私には答えられません。それは「北海道に住んでおられるyyzz2さんの調べられた内容」に,次のような経緯があるからです。

『yyzz2;虫撮記
虫の名前の由来(その2).キリガとカスミカメムシ
キリガという名前は山本義丸氏によると、樹木の葉を食べる幼虫「キリムシ」が名前の元となっているようです。1958年頃相次いで発行された図鑑や目録などで和名の整理が行われたとき、分類上近縁のものがなるべく同一の語尾を持つように改称した結果生まれた名前で、ヨトウガ亜科の中のOrthosia属とその近縁属、セダカモクメ亜科の中のConistra属とその近縁属、カラスヨトウ亜科の中の Cosmia属とその近縁属に「キリガ」という呼称を与えられたそうです。』
http://d.hatena.ne.jp/yyzz2/20070306/p1 ←この記事のURL(住所)
st0345_convert_20130422141259.jpg
アカバキリガ 翅に赤味があります。 撮影日:2013/04/20 場所:勿来の関

 最初に紹介するアカバキリガは,今年になって初めて見た蛾です。このアカバキリガはカギモンヤガに黒い紋が似ています。ちょっと変わったカギモンヤガだなと思いましたが,念のために写真を撮って画像を見ました。すると,胸部に近い所と亜外縁線に近い所にもカギモンヤガには無い黒紋があるので,未見の蛾であることに気が付きました。
 この蛾はいつでも写真のように翅がピンク色に赤味がかって写ります。そのことからアカバキリガと呼ばれるのでしょう。アカバキリガは前翅長が22mmと大きい蛾です。

st0346.jpg
アカバキリガ 大きく堂々とした蛾です。 撮影日:2013/04/20 場所:勿来の関


st0348_convert_20130422141401.jpg
カシワキリガ 細かく見ないとカギモンヤガと間違えます。 撮影日:2012/04/04 場所:勿来の関

 次に紹介するのはカシワキリガです。この蛾もカギモンヤガと黒い紋様が似ています。前翅後縁の近い所に,長方形の黒い紋が無ければ間違えてしまいます。幼虫の食餌植物はクブギ、コナラ、サクラ、キイチゴ、カシワと勿来の関には極普通に生育しているものですが,カシワキリガの出現数は少ないです。

st0347_convert_20130422141431.jpg
カシワキリガ 今年,初めて見ました。 撮影日:2012/04/04 場所:勿来の関


st0334_convert_20130422141514.jpg
カギモンヤガ 毎年,沢山出現します。 撮影日:2013/03/16 場所:勿来の関

 最後に紹介するのは,カギモンヤガという小柄な蛾です。紋様は大きく違うので区別がつきますが,カギモンキリガという名前が似ている蛾がいて混同してしまいます。勿来の関では,毎年,沢山見られる普通の蛾です。
 鍵穴に差し込む鍵の形にそっくりなのでカギモンヤガと呼ばれるのでしょう。

st0335.jpg
カギモンヤガ 小柄な蛾です。 撮影日:2013/03/16 場所:勿来の関


五七五

 赤い翅が アカバキリガの 名のいわれ

 中よりに カシワキリガは また紋が

 鍵に似る 前翅の紋が 名のいわれ

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キリガ類

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測