勿来の関周辺で見られるトンボ

2015年5月25日(月)
勿来の関周辺で見られるトンボ 撮影日:2015/05/22~05/25 場所:勿来の関・平潟

 勿来の関周辺で見られるトンボを紹介します。
 ムカシヤンマ ムカシヤンマ科 分布:東北以南の本州と九州 2015/05/22,勿来の関
 オニヤンマの複眼は青緑でムカシヤンマはくろずんでいます。
 ヤゴは水中でなく湿ったコケにトンネルを掘って住むそうです。
 成虫になるまでに3年かかるそうです。
ムカシヤンマ
幼虫を撮っていたら突然姿を現しすぐ脇に止まりまったムカシヤンマ

ムカシヤンマ
複眼が黒ずんでいるのでオニヤンマでなくムカシヤンマと分かりました。胸部全面に方形の紋が2つあります。

コシアキトンボ
ツマキホソハマキモドキを見つけにいったのですが,居なかったのでトンボ撮りにかえました。近付いても逃げずにいたので羽化したばかりのコシアキトンボです。それを証明するように腰の部分が黄色を帯びています。
 コシアキトンボ トンボ科 分布:本州,四国,九州(北海道には分布しません) 2015/05/25 北茨城市
 未成熟のオスは黄色を帯びます。

アオモンイトトンボ
海に近いこの沼には,アオモンイトトンボもいます。腹部で最後の節が10節です。第8節がほとんど全て青いのでアオモンイトトンボと分かります。
 アオモンイトトンボ イトトンボ科 分布:本州,四国,九州
 アジアイトトンボにも非常に似ています。見分け方は青い紋の位置で決まります。
 アオモンイトトンボは第8節がほとんど全部青くなっています。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ムカシヤンマ コシアキトンボ アオモンイトトンボ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測