テンスジヒメナミシャク 茶色の帯に点状の黒い筋がある蛾

2015年5月8日(金)
テンスジヒメナミシャク 茶色の帯に点状の黒い筋がある蛾 撮影日:2015/05/07,05/08,2013/05/06 場所:勿来の関

 シャクガ科ナミシャク亜科のテンスジヒメナミシャクを紹介します。
 前翅長10mm程度の小さい蛾が壁に止まっています。黒い筋と白い筋が目立つ蛾です。でも,黒い筋が多いので全体的に黒ずんで見えます。
テンスジヒメナミシャク
前翅には茶色の帯が2本あるテンスジヒメナミシャク。前翅長10mmの小さな蛾です。
 ところが写真を見ると,前翅の内横線と外横線の間に茶色の帯が2本あります。これが似ているチビヒメナミシャクとの相違点です。
 両者の相違点
テンスジヒメナミシャク・・・前翅に茶色の帯が2本あります。
②チビヒメナミシャク  ・・・前翅に茶色の帯がありません。

テンスジヒメナミシャク
その茶色の帯の中に点状の黒い筋があるのでテンスジヒメナミシャクと名前が付いたのでしょう。
 私には,この蛾の紋様がナミシャク亜科特有の波の紋様には見えなかったのでエダシャク亜科を探してしまい名前が分かるまでに時間がかかりました。小さいナミシャクという意味で「ヒメ」が付くのでしょう。
 外側の茶色の帯に点状の短い筋模様が10本見えます。それで,名前がテンスジヒメナミシャクと呼ばれるのでしょう。

テンスジヒメナミシャク
外縁には白い縁取りの外側に黒い短線が並んで奇麗に見えるテンスジヒメナミシャク。

 科名 シャクガ科ナミシャク亜科
 和名 テンスジヒメナミシャク
 大きさ 開張13~16mm,前翅長9~10mm
 食餌動植物 幼虫はアカシデの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州
 出現月(羽化する月) 4~6,7月
 特徴 内横線と外横線の間に2本の茶色い帯があります。

よく見れば 茶色の帯が 2本ある


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : テンスジヒメナミシャク

コメントの投稿

Secre

おはようございます(^O^)

小さくて地味な蛾ですが、よくみると綺麗な蛾ですね

だんちょう さんへ

今晩は。
一番外側の茶色の帯から縁毛までの部分が特に奇麗だと感じています。
小さいなりに蛾も工夫しているようです。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測