FC2ブログ

トビスジヒメナミシャク 雌の横脈点の周りはくっきりと白い

2015年5月3日(日)
トビスジヒメナミシャク 雌の横脈点の周りはくっきりと白い  撮影日:2012/08/11,10/06,2015/04/26 場所:勿来の関

 シャクガ科ナミシャク亜科のトビスジヒメナミシャクを紹介します。
 4月26日に最後の写真のような蛾を見つけました。前翅長10mm程度の小さい蛾で写しづらい所にいました。それで少し離れた場所から撮ったのでピントが甘くなってしまいました。
トビスジヒメナミシャク
横脈点の周りがくっきりと白くなっているので雌のトビスジヒメナミシャク
 外横線が波形なのでナミシャク亜科とすぐ分かりました。名前がトビスジヒメナミシャクだと分かり驚いてしまいました。内横線と外横線の間にある黒褐色帯が途中で途切れていたからです。このように途切れているものは今回が初めてです。

トビスジヒメナミシャク
上の二匹は黒褐色帯が途切れていないトビスジヒメナミシャク。
 前翅中央より少し前縁寄りに黒い横脈点があります。雌は最初の写真のようにその周りがくっきりと白くなっています。
 ナミシャクの前にヒメが付くのは前翅長10mm程度の小さい蛾だからと思われます。トビの意味は褐色ですから褐色の筋があるヒメナミシャクということになります。

トビスジヒメナミシャク
黒褐色帯が前翅中央付近で途切れているトビスジヒメナミシャク。

 科名 シャクガ科ナミシャク亜科
 和名 トビスジヒメナミシャク
 大きさ 開張14~20mm
 食餌動植物 幼虫はギシギシ、ブドウの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,小笠原,四国,九州
 出現月(羽化する月) 5~7,10~11月
 特徴 黒褐色帯は太いのから途切れるのまで変異があります。

雌目立つ 横脈点の 周り白


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : トビスジヒメナミシャク

コメントの投稿

Secre

こんばんは(゜▽゜)/

小さくて地味で、同定の苦手な蛾です、今年は少し例年よりも撮影しましたがやはりなかなか難しいです

だんちょう さんへ

おはようございます!
シャクガ科の仲間は特に似た種が多く
違いを見つけるのに一苦労します。

でも,トビスジヒメナミシャクは外横線の波模様から亜科名を手掛かりに探せます。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
ブログ
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真