FC2ブログ

モミジツマキリエダシャク

2015年4月20日(月)
モミジツマキリエダシャク 撮影日:2013/04/16,08/08,2014/04/27 場所:勿来の関

 シャクガ科エダシャク亜科のモミジツマキリエダシャクを紹介します。
 勿来の関にはイタヤカエデが何本も植えられているので,毎年,4月中旬以降になると出現する蛾です。褐色だけなのに濃淡があり美しい蛾です。
モミジツマキリエダシャク
触角が両櫛歯状なので雄と分かるモミジツマキリエダシャク
 出現月が「みんなで作る日本蛾類図鑑」では7,8月になっていますが,勿来の関で4月中旬には出現しているので調べてみるとHP「Mushi Navi」で4~8月となっているので後者のものを使わせて頂きました。

モミジツマキリエダシャク
前翅外横線下側に黒点が2つはっきりと見えるモミジツマキリエダシャク
 ツマキリエダシャクやツツジツマキリエダシャクに似ていてなかなか同定できずにいました。「四国産蛾類図鑑」の画像を参考にすると後翅の外横線が止まったときに,この両者は一直線になる傾向があります。
 ところが,モミジツマキリエダシャクは後翅前縁部分が低くなっています。それで,モミジツマキリエダシャクと致しました。

モミジツマキリエダシャク
前翅外横線下側に2つの黒点がはっきりと確認出来ないモミジツマキリエダシャク。
モミジツマキリエダシャクは後翅外横線が後縁で低くなり一直線にならない傾向にあるようです。


 科名 シャクガ科エダシャク
 和名 モミジツマキリエダシャク
 大きさ 開張50mm
 食餌動植物 幼虫はクマシデ、アカシデ、ヤマモミジ、ハウチワカエデ、イタヤカエデの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月(羽化する月) 4~8月
 特徴 雄の触角は櫛歯状,雌は糸状です。

美しや 褐色だけの 紋様で


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : モミジツマキリエダシャク

コメントの投稿

Secre

こんばんは(*゜ー゜)v

綺麗ですよね、ツマキリと似ていてぼくも同定しにくかったので、参考になりました(^O^)

だんちょう さんへ

今晩は。
植物も蛾も似たものがあって同定に苦労しています。
蛾には解剖という最終手段がありますが,
私は,そこまでは深入りしません。
直感だけが頼りです。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測