フタナミトビヒメシャク

2015年4月17日(木)
フタナミトビヒメシャク 撮影日:2013/04/27,05/01,2014/04/29 場所:勿来の関
画像をクリックすると画面いっぱいに大きくなります。

 シャクガ科ヒメシャク亜科のフタナミトビヒメシャクを紹介します。
 昨晩は風も月明かりも無く暖かだったので4種類の蛾を見ることが出来ました。その中の1種類がこのフタナミトビヒメシャクです。
フタナミトビヒメシャク
内横線と外縁に近い所にある線が波の模様をしているフタナミトビヒメシャク
 薄茶色の地に焦茶色の縁取りがあるので,はっきりした模様に見えます。しかし,7月~8月羽化の個体は紋が不明瞭だそうです。

フタナミトビヒメシャク
薄褐色の地に茶褐色の模様や縁取りがあるフタナミトビヒメシャク。
 名前についているフタナミとは二つの波模様を指していると思われます。頭部に近い所に一つ,外縁に近い所にもう一つ波形の模様があるので,それを指していると思われます。トビとは鳶色のことで茶褐色を意味しています。
 詰まり,2つの波模様のある茶褐色の蛾(ヒメシャク)ということになります。

フタナミトビヒメシャク
7月から8月に羽化するものは紋様がはっきりしないフタナミトビヒメシャク。

二波は 何処にありや じっと見る

 科名 シャクガ科ヒメシャク亜科
 和名 フタナミトビヒメシャク
 大きさ 開張19~294m,前翅長11-14mm
 食餌動植物 幼虫はバラ,オランダイチゴ,シュウカイドウ,イノコズチ,トコロ,ニガナ,ヤマボウシ,ミゾソバ,カタバミ,ホトトギス,ノイバラ,ヤマハギ,キク,ムクゲ,カンキツの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島
 出現月(羽化する月) 4~5,7~8月
 特徴 2化(7~8月羽化の個体)の個体は紋が不鮮明になります。雄の触角は櫛歯状です。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : フタナミトビヒメシャク

コメントの投稿

Secre

こんばんは(*゜ー゜)v

久々の蛾ですね

いいですね!
北海道にもいるんですね。

見てみたいなあ

だんちょう さんへ

今晩は。
とうとうスミレの材料が無くなってしまいました。
蛾・蛾以外の昆虫などの記事や時折,
植物の記事も載せていく考えでおります。

関心を持って探しているときっと見つかりますよ。

木目調が素敵

タナミトビヒメシャクは、
柔らかい木目調の翅が素敵な
蛾ですね!

ヒメオオ さんへ

今晩は。
鳶色で落ち着いた色調にまとめられたデザインです。
濃さの違いが変化をもたらしていて素敵に感じます。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測