クワエダシャク

2015年2月19日(木)
クワエダシャク  撮影日:2012/07/11,2013/07/20,2014/09/03 場所:勿来の関

 シャクガ科エダシャク亜科のクワエダシャクを紹介します。
 前翅を水平に開いて止まるので大きな蛾のような印象を受けます。薄褐色の地色に濃褐色の短条を無数にちりばめた蛾です。
クワエダシャク
無数の短条を翅全体にちりばめているクワエダシャク
 前翅には黒色の内横線と外横線,後翅には黒色の外横線があります。
 前縁から内横線の水平になった部分までが茶褐色,その下側が濃褐色,一番下側が薄褐色
になっています。

クワエダシャク
内横線も外横線も黒くて細いクワエダシャク
 初夏に初めは赤く,やがて赤黒く熟す甘くて美味しい実ができるクワの葉を幼虫は食べます。だから,名前をクワエダシャクとしたのでしょう。

クワエダシャク
頭部に近い方から茶褐色・濃褐色・薄褐色・茶褐色の帯状に染まっているクワエダシャク。

 科名 シャクガ科エダシャク亜科
 和名 クワエダシャク
 大きさ 開張♂37~49mm ♀45~55mm
 食餌動植物 幼虫はクワの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月(羽化する月) 6,8~9月
 特徴 内横線と外横線は黒色ではっきりしています。内・外横線の間付近は暗色です。触角は雌雄共に櫛歯状だが、♀の櫛歯は短いです。

全体に 短い線を ちりばめる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クワエダシャク

コメントの投稿

Secre

こんばんは、この蛾は確か札幌でもみたことがあります。

大きいから割とシャクのなかでも好きですねぇ(^O^)

だんちょう さんへ

今晩は。
クワエダシャクがいるということは
食餌植物のクワが北海道にも分布しているということですね。
クワエダシャクは大きい部類に入りますね。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測