ヒトリガ科 コケガ亜科 派手な彩りの蛾

ヒトリガ科 コケガ亜科 派手な彩りの蛾
スジベニコケガ オオベニヘリコケガ アカスジシロコケガ
st0216_convert_20130406123443.jpg
スジベニコケガの♀ 撮影日:2012/08/28 場所:勿来の関

 前回,スジベニコケガの♂を紹介しましたが今日はその♀です。
 赤い斑模様が無くなり黄色になったような紋様の蛾です。はじめは色あせた♂かなと思いました。この種は個体変化が大きいので,こんな色の♂がいるか調べたら♀と分かりました。灯火に飛来するのは♂ばかりで♀が飛来したのは2012年8月28日の1回だけです。

st0215_convert_20130406123524.jpg
オオベニヘリコケガ 撮影日:2011/09/18 場所:勿来の関

 上の蛾は縁が紅色になっていて大きいから,オオベニヘリコケガと名付けられたのでしょう。
 黄色・橙・紅色・黒の4色ですが,単純な黒い筋の模様が目をひきます。

st0214_convert_20130406123606.jpg
アカスジシロコケガ 撮影日:2011/09/12 場所:勿来の関

 上の蛾は,未だ3回しか見ていない蛾です。夏,見られる蛾は人が近付くと逃げてしまうことが多いです。そっと寄っていきますがシャッターを切る前に逃げられたり,フラッシュに驚いて飛び去ってしまいます。この蛾は特に敏感で,すぐ逃げられるので写真の枚数は少ないです。

 昆虫の活動が可能な気温は15℃以上だといいます。だから,20℃を越える夏は蛾の動きが機敏で敏感です。

st0212_convert_20130406123659.jpg
st0213_convert_20130406123735.jpg
どちらも地衣類ウメノキゴケ科の生物 撮影日:2013/04/06 場所:勿来の関

 最後の写真は地衣類のウメノキゴケ科に属する生物です。どのようなものを食べているのか紹介するために今朝,撮ってきました。ウメノキゴケ科の生物はウメの木だけでなくサクラの木にも着生しています。どちらかというと若い木より太くて壮年過ぎ頃の木に見られました。
 このようなウメノキゴケ科の生物を餌にしてコケガ科の蛾は大発生します。


五七五

 惹きつける 単純だけど 黒い筋

 夏の蛾は 近づくだけで すぐ逃げる



次回はイボタガかカメムシです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : スジベニコケガ オオベニヘリコケガ アカスジシロコケガ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測