10月に見られる植物4

2014年10月22日(水)
10月に見られる植物4  撮影日:2014/10/18~21場所:勿来の関・北茨城市

 10月に見られる植物を紹介します。

ホトトギス
①ホトトギス(ユリ科)
北茨城市周辺で見られるホトトギスの仲間はほとんどがヤマジノホトトギスです。ところが,今年になって初めてホトトギスを勿来の関で発見しました。
花弁の基部に黄橙の斑点があるので一目でホトトギスと分かります。
花弁にある紫の斑点がホトトギス(鳥)の腹の色に似ているので名付けられました。
ホトトギス

キッコウハグマ
②キッコウハグマ(キク科)
キッコウハグマの花は3つの小花からできています。先端がくるりと曲がっている花弁が5枚ずつ計15枚あります。桃色の棒状のものが前方に突き出ていますが,これが雌しべです。
 小さい花ですが,雌しべの色の美しさと花弁の形が面白いので皆さんも見つけて下さい。葉の形が亀の甲羅に似ているのでキッコウと呼ばれます。
以前の記事は<こちら>です。

ヤブコウジ
③ヤブコウジ(ヤブコウジ科) 今はサクラソウ科に入れられています。
夏,白い花を下向きに咲かせます。地下茎を伸ばしてふえるので群生しています。方言でジュウリョウ(十両)と呼んでいます。
マンリョウ(万両)と同じ仲間で赤い実が成ります。

ハマギク
④ハマギク(キク科)
青森県から茨城県の太平洋側に分布し,日当たりのよい場所に生育しています。
葉にはハマギク特有の臭みがありますが,多少虫に食われてしまいます。
同じく茨城県を南限にしているコハマギクも北茨城市には見られます。

ナギナタコウジュ
⑤ナギナタコウジュ(シソ科)
花穂が反り返り片側につく様子を長刀(なぎなた)に見立てて名付けられました。
どの図鑑にも「全体に強い香りがある。」と書かれていますが,私には香りというより強烈な臭みに感じます。

●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 10月に見られる植物4

コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは!
Itotonboさんは 野草にもお詳しいので
ビックリです!d(^^)
P★!P★!

●白雲 さんへ

昔,花の名前を覚えようとして身近に見られる植物から始めました。
地面に近い部分から採集して来て図鑑をめくって名前調べをしました。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測