ツトガ科・メイガ科の止まり方の特徴

《人気ブログランキングへ》ツトガ科・メイガ科の止まり方の特徴
st0096_convert_20130327163419.jpg
マエアカスカシノメイガ 撮影日:2013/03/10 場所:勿来の関

 上の写真の蛾の名前はマエアカスカシノメイガといいます。
 前縁の部分が赤茶色なのでマエアカ(前赤),翅が透けていてノメイガ亜科に属するのでスカシノメイガと呼ばれています。

 この蛾の触角を見て下さい。体の上に触角が乗っています。ツトガ科とメイガ科の蛾はこのような格好で止まります。蛾に興味を持って名前調べをしているとき,何科に属するかが分かればはやく調べられるのにと何度も思いました。あるとき,シャクガ科とツトガ科のどちらに属する蛾か見比べているうちに重要な点に気がついたのです。嬉しくて,「新・蛾像掲示板」でお知らせしましたら喜ばれました。
 これらの蛾の特徴が分かってからは,調べる時間が短くなり目の疲れが減りました。

st0182_convert_20130327163604.jpg
カシノシマメイガ 撮影日:2013/03/19 場所:勿来の関

 上の写真の蛾の名前はカシノシマメイガといいます。
 貯穀害虫の大御所の一つで菓子、干果、動物の乾燥糞を餌としています。
 外の蛾ではあまり見ない服端を上げた格好で止まっていますが,この蛾も触角を翅の上に乗せた姿で止まっています。

触角を翅の上に乗せて止まっている蛾は,メイガ科とツトガ科を調べるとはやく名前が分かります。

st0107_convert_20130327163508.jpg
ヒゲマダラエダシャク 櫛歯状の触角が乗っているので例外です。 撮影日:2011/07/14 場所:勿来の関
 
 上の写真の蛾の名前はヒゲマダラエダシャクといいます。
 触角を翅の上に乗せて止まっていますがシャクガ科に属する蛾です。
 もう一つ大切な情報は触角が棒状か櫛歯状かということです。この蛾のように櫛歯状になっていたら,メイガ科でもツトガ科でもありません。

 例外中の例外として挙げました。


短歌と五七五

 ♂♀も 棒状に見え その実は 雄の触角(ひげ)には 産毛が見える

 触角が メイガ ツトガは 翅の上に

 触角が 櫛歯状なら 例外だ

 雄の触角(ひげ) 産毛のような 毛が生える

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : マエアカスカシノメイガ カシノシマメイガ ヒゲマダラエダシャク

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測