クシヒゲシャチホコ 冬活動する蛾

《人気ブログランキングへ》冬活動する蛾

st0155_convert_20130326102923.jpg
クシヒゲシャチホコ 立派な触角が見えます。  撮影日:2012/01/02 場所:勿来の関

 1年間で1番寒い時期(1月下旬~2月上旬)には,灯りに集まる蛾は少なくなります。
 しかし,1月上旬頃は一部の蛾にとっては,未だ活動できる時期のようです。
 私の記録では5種類の蛾の活動が見られています。

st0154_convert_20130326103009.jpg
クシヒゲシャチホコ あの立派な触角はどこにあるのでしょう。  撮影日:2011/12/22 場所:勿来の関

 この写真の蛾は12月下旬頃から勿来の関で見られました。
 この蛾はシャチホコガ科に属します。シャチホコガ科の多くは止まり方に特徴があります。翅(し)を写真のようにVの字を逆さまにしたような屋根型にします。更に,毛深ければシャチホコガ科の可能性が大きくなります。
 鬚のように長い毛が目立ちますが,これは触角に生えている毛です。この毛を櫛に見立ててクシヒゲシャチホコと名付けられたのでしょう。

st0153_convert_20130326103047.jpg
クシヒゲシャチホコ 大きく立派な触角は胸の下にしまってあります。  撮影日:2011/12/22 場所:勿来の関

 このような立派な触角を持っているのは雄(♂)ですが,それには訳があります。棒のような触角よりも櫛状になっていれば空気に触れる表面積が増え雌(♀)の出す臭いをいちはやく嗅ぐことができます。

夜活動する蛾にとって,暗くて雌がどこにいるか分からないので目で探すより臭いを嗅ぎ出す触角を発達させた方が断然有利です。そうゆう訳でこんな立派な触角を持っているのでしょう。

st0070_convert_20130326103141.jpg
クシヒゲシャチホコ 目の上に睫のような長い毛があります。  撮影日:2013/01/02 場所:勿来の関

 いつも上の写真のように触角を出していません。必要がないときは3枚目の写真のように胸の下にしまっておきます。

目の上に白っぽくて長い毛が見えていますが,目にごみが入るのを防いでいるように私には思われます。



五七五
 止まるとき 屋根型にする シャチホコガ

 暗闇じゃ 目よりも臭い 役に立つ

 触角を 発達させて 雌探す

 ごみ防ぐ まつげのような 長い毛で
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クシヒゲシャチホコ 冬活動する蛾

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測