ホシベッコウカギバ

2014年9月25日(土)
ホシベッコウカギバ   撮影場所:北茨城・勿来の関

 カギバガ科のホシベッコウカギバを紹介します。
 このホシベッコウカギバとの最初の出会いは北茨城市水沼ダムでした。ここには道路に沿って食餌植物のヤマボウシが5本植えられているから観察されたのでしょう。その1年後,勿来の関でも観察されました。
ホシベッコウカギバ
この蛾がカギバガ科だとは見当も付かずなかなか探せなかったホシベッコウカギバ。 2011/06/12
 勿来の関でも,3箇所でヤマボウシが見られます。そのうちの1箇所は外灯に近い場所です。大きなクマノミズキも1本生育しています。それから3年間待っても見られないので,勿来の関から姿を消してしまったのだと諦めていた今年,とうとう見つけることができました。生物の生命力はそんなに脆くはないのですね。

ホシベッコウカギバ
シャクガ科に属する蛾だとばかり思っていたホシベッコウカギバ。 2010/09/29
 この蛾の名前調べには,時間が掛かりました。それはシャクガ科を探していたからです。ところが,この蛾はカギバガ科に属する蛾だったのです。ですから,シャクガ科をいくら探しても見つかるはずは無かったのです。
 翅頂が鉤(かぎ)状に曲がっていればカギバガ科だと簡単に予想がつきますが,全く曲がっていないので見当も付かない蛾でした。
 これがいい経験になり,シャクガ科に似ている「ヒトツメカギバ・フタテンシロカギバ」の名前探しに生かすことができました。

ホシベッコウカギバ
翅が半透明のホシベッコウカギバ。 2014/09/26

 科名 カギバガ科
 和名 ホシベッコウカギバ
 大きさ 開張25~35mm
 食餌動植物 幼虫はクマノミズキ,ヤマボウシを食べます。
 分布 本州,四国,九州,対馬
 出現期(羽化する月)5~9月
 特徴 雌は斑紋が淡褐色です。翅は半透明です。

翅頂が 曲がらずこれで カギバガ科

●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ホシベッコウカギバ

コメントの投稿

Secre

こんばんは(*゜ー゜)v

カギバガなんですねぇ、多分ぼくもシャクをさがしちゃいそうです。

いい色彩ですね。

だんちょう さんへ

こんにちは。
そうなのです。この蛾はカギバガ科なのです。
分かって欲しいので記事を書きました。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測