クモキリソウもともとの名は? 夏の花1


クモキリソウ(ラン科) コクラン(ラン科) 夏の花
st0082_convert_20130322135730.jpg
クモキリソウ  カマキリにそっくりな花  カマキリソウ転じてクモキリソウに 撮影日:2000/06/16

①もともとの名は
 図鑑では,この植物名に雲霧草を当てている。雲や霧が発生しやすい場所で見られることが多いからという。蜘蛛切草はクモに似ているからという。

 クモキリソウはそんな特別な所に生育していません。普通の植物が生育している場所に見られます。

 クモキリソウの仲間には,ジガバチソウとスズムシソウがあります。クモキリソウ以外は花の様子をジガバチ,スズムシという昆虫に見立てています。ところが,クモキリソウだけは訳の分からぬ名を当てたり,昆虫ではない蜘蛛に見立てたりしています。クモに似ているからといってもクモキリのキりは何を意味しているのでしょうか。今までの説で納得できるものに出会ったことはありません。

 それでは,なぜクモキリソウだけ変わった名が付いているのでしょうか。
 私にはしばらくの間分かりませんでしたが,花の写真を見ているうちに,謎が解けました。

 もともとクモキリソウではなかったと私は考えました。
 上の写真を見て下さい。ある昆虫の頭部によく似ています。カマキリにそっくりだと思いませんか。
 この花を見てカマキリソウと名付けたが,そのうち転訛してクモキリソウになったと今は確信しています。

st0081.jpg
コクラン  黒ずんだ小豆色で格好はクモキリソウに似ている 撮影日:2008/07/15

 クモキリソウの仲間にはもう一つ,コクランがあります。漢字で表すと黒蘭と書きますが,真っ黒ではなく黒っぽい小豆色の花です。4種類の中では1番クモキリソウに似ています。

②特徴
 私は植物はすべて日光が必要だと思っていましたから,日当たりのよい所にクモキリソウの鉢を置いていました。すると,葉の緑色がだんだん薄くなっていきました。山野草が好きな人の所に行って,どんな場所に置いているのか見ました。一日中よく日が当たる所ではなく,むしろ反日陰のような所においてあるのが分かりました。それを見て,クモキリソウが見られる所は直射日光の当たらない日陰の所だったことを思い出しました。慌てて日陰に移動しました。葉は緑色が濃くなりました。このことから植物には強い光を必要とするものばかりでなく,弱い光で十分育つものがあることを知りました。

 クモキリソウの球茎は土から出て土の上に乗っているのをよく見かけます。
この球茎に子ができて仲間が殖えていくようです。
st0083_convert_20130322135810.jpg
半日陰を好むクモキリソウ 撮影日:2000/06/16




③短歌と五七五

 花まるで カマキリに似て 謎解ける

 仲間皆 昆虫の名が 付いている カマキリソウが クモキリソウに

 日向より 反日陰よし クモキリソウ

 日向では 緑が薄れ 場所変える
 



次回はセンボンヤリかハナネコノメ・ガマの仲間・クサアジサイ・ニッコウキスゲ
・マタタビ・サルナシ・ヒツジグサ・オオマツヨイクサ
・3月に見られた蛾  のうちのいずれかを計画しています。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クモキリソウ(ラン科) コクラン 夏の花

コメントの投稿

Secre

なるほど

 言われてみれば、なるほど ですね。
蟷螂 かまきり クモキリ
そうかもしれませんね。

一秋 さんへ

納得して頂いて嬉しいです。
図鑑に書かれてあることに
次第に疑問を持つようになってから
だいぶ時間が経って,
カマキリの頭部に似ていることに気付きました。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測