勿来の関で見られた蛾15

2014年6月14日(土)
勿来の関で見られた蛾15   撮影場所:すべて勿来の関
クロオビノメイガ
①クロオビノメイガ(ツトガ科) 撮影日2014/06/13
 外横線・内横線が黒褐色なのが名前の由来と思われます。シロオビノメイガという蛾もいますが,クロオビノメイガの方が明るい色なのでずっと奇麗に見えます。

ホソバナミシャク
②ホソバナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)撮影日2014/06/16
 翅が細長いのが名前の由来と思われます。
 前翅にも後翅にも黒点があるので,顔が2つあるように見えます。
 前翅の方の顔は頬の赤い女性,後翅の方の顔は眼鏡をかけた男性に見えます。

クロスジアオナミシャク
③クロスジアオナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)撮影日2014/06/16
 緑色が濃く縁毛(外側に生えている毛)が奇麗に揃っているので羽化したばかりの蛾と思われます。
 緑色は時間が経つにつれて薄くなっていきます。

ヨツボシホソガ♀
④ヨツボシホソガ♀(ヒトリガ科コケガ亜科)撮影日2014/06/16
 ♀42-48マエグロホソバに似ています。次のようなことから,ヨツボシホソガとしました。
 ①♀の開張(前翅長×2)は42~48mmとなっています。この写真の前翅長は
23mmありました。
 一方,マエグロホソバ♀の開張は40mmですので写真の蛾は大きすぎます。
 ②ヨツボシホソガの♂は以前から観察されています。しかし,マエグロホソバの雄は観察されていません。

シロモンアオヒメシャク
⑤シロモンアオヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)撮影日2014/06/15
 この蛾を初めて見られる方は,翅の色が青いのでアオシャク亜科だと思ってしまうでしょう。私もそう思ったヒトリです。それでいくら探しても見つかりませんでした。ヒメシャク亜科を偶々見たときに偶然見つけました。

●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 勿来の関で見られた蛾

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測