ウラギンシジミ

2014年5月3日(土)
ウラギンシジミ

 シジミチョウ科のウラギンシジミを紹介します。
 翅裏が真っ白いチョウです。このチョウを写した頃はチョウに関心を持ち始めた頃でしたので名前も知りませんでした。名前を調べようにも表の様子が分からないので困ります。
 そこで飛んだときに翅表の様子を覚えることにしました。表には朱色があることを記憶に留めて図鑑で調べるとウラギンシジミだと分かりました。裏が真っ白なのを銀に見立ててウラギンシジミとは上手く命名したものだと思いました。
ウラギンシジミ
翅裏は真っ白でそれを銀に見立ててウラギンシジミと名付けられました。雄の翅表は朱が鮮やかで目を惹きます。 撮影日:2010/09/01 場所:勿来の関

 このウラギンシジミが動物の糞に集まっているのを見て驚きました。糞にある養分を吸収するために集まるのです。
ウラギンシジミ
動物の糞の養分を吸収するウラギンシジミ。この糞には毛が沢山混ざっています。おそらくノウサギあたりかを食べた獣の糞と思われます。 撮影日:2010/08/11 場所:いわき市四時ダム周辺

 糞だけではなく樹液が出るコナラの木にも集まります。
ウラギンシジミ
樹液のレストランは人気があってウラギンシジミだけでなくカブトムシ・クワガタムシの仲間・スズメバチの仲間などもやって来ます。ウラギンシジミの触角の先端は鮮やかな橙色です。 撮影日:2010/08/26 場所:いわき市四時ダム周辺

 科名 シジミチョウ科
 和名 ウラギンシジミ
 大きさ 前翅長19~27mm
 食餌植物 幼虫はフジ、クズなどの花やつぼみを食べます。
 特徴 成虫は樹液や糞に集まります。
     雄雌共に翅裏は銀白色です。
     雄の翅表は農茶色地に朱の紋が鮮やかです。

雄の翅は 表鮮やか 朱(あか)い色


●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウラギンシジミ

コメントの投稿

Secre

No title

ウラギンシジミは素晴らしですね。
北海道にもいてくれればいいのになぁといつも思います。

だんちょう さんへ

ウラギンシジミも南方系のチョウで北海道には分布していなかったんですね。
フジは本州だけに分布していますがクズは北海道にもあるので
寒がりのウラギンシジミには北海道に棲めないのでしょう。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測