FC2ブログ

・フタリシズカ


フタリシズカ 初夏の花
hhana0047.jpg hhana0046_convert_20130308110218.jpg
左:2本と4本の花穂(かすい)をつけるフタリシズカ  右:2本の花穂の拡大写真
  これでもフタリシズカですか。はいそうです。
  撮影日:2000/06/07

①名のいわれ
 花穂(かすい)が普通2本出ることからフタリシズカと名付けられました。

 しかし,いつも2本とは限りません。なかには3本も4本も出すものもあります。そこで,私はフタリシズカに聞きたくなります。
「皆さんは,何人シズカですか。」
「はい。私たちは,みんなフタリシズカです。花穂の数には関係ありません。」
「一番上の右の写真のような花をみんな,咲かせているから確かですよ。」
という,返事が返ってきます。

②特徴
 フタリシズカはヒトリシズカより大型の草本(草)です。葉は対生(向かい合って一対つくこと)です。一方,ヒトリシズカのほうはあまり離れずに対になっているので,4枚の葉が輪生しているように見えますが,対生です。

 フタリシズカもヒトリシズカも同じセンリョウ科の植物です。だから,フタリシズカの花もヒトリシズカに似ています。次の4点が似ています。
 ①花弁(はなびら)も萼もありません。
 ②雄しべは雌しべの横腹に付きます。(上から丸まった白い雄しべが被さっているので雌しべは見えません。)
 ③雄しべが三つに分かれています。
 ④葉は対生です。
 このうちの三番目ですが,三本の雄しべが太くなり,くっつき合ったのだそうです。よく見ると縦に筋が見えるので,もともと3つに分かれていたことが分かるでしょう。

 フタリシズカは初夏の頃(6月上旬)咲きますが,ヒトリシズカは春(4月中旬)頃咲きます。
hhana0048.jpg
3本の花穂(かすい)をつけるフタリシズカ 撮影日:2000/06/07

③後で後悔写し方
 花穂が緑の葉に生えて写るように斜め上からシャッターを切りました。ところが,画像を見てがっかりしました。葉の表面が光ってしまい,きれいな緑に写っていません。
 それ以来フィルターを使っています。それを回転して良い色に見えるよう調節するのですが,初めは上手くいきませんでした。何事も経験です。


④短歌・五七五
 ヒトリには 花穂の数と 大きさで 勝っているぞ ヒトリシズカ

 仲間内 どちらが奇麗 失礼ぞ 見た目の良さより 花穂の数で

 葉の出方 対になってる フタリの葉

 見た目より 花穂(かすい)の数で 競うなり

 見た目より 数とでかさで 勝負する

 体格で 負けじとばかり 勝負する

 雌しべ達 白い雄しべで 隠れてる

 萼もなく 花びらもない センリョウ科



次は,ネジバナかオクタマスミレを計画しています。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : フタリシズカ ヒトリシズカ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測