勿来の関で見られた蛾1

2014年4月28日(月)
勿来の関で見られた蛾1(2014/04/28)

 2014年4月28日に勿来の関で見られた蛾の紹介をします。
 児童公園下の建物に近づくと虫除け網戸に蛾が止まっているのが見えました。望遠レンズをつけたカメラで覗くとスギタニキリガに似たキンイロキリガです。今までは動かなくなって傷ついた個体しか見ていないので早速網を使って捕まえました。
キンイロキリガ
スギタニキリガに似ていて混同しがちなキンイロキリガ。羽ばたき運動を始めたので慌ててシャッターを押しました。

 建物の西側の空き地で何やら動いたものがいます。近づいて見るとアオシャクの仲間でした。写した画像を確かめたところ触角に髭があります。そのお陰で割と速くヒメウスアオシャクと分かりました。
ヒメウスアオシャク
画像をクリックすると右の方の触角が櫛歯状になっているヒメウスアオシャク

 次に大駐車場に行く途中,アケビコノハの幼虫を探しながら歩いていると白っぽい小さな蛾が葉の上に止まっていました。ツバメガ科のクロオビシロフタオです。一見,鳥の糞のように見えます。
クロオビシロフタオ
鳥の糞に擬態して天敵の目から逃れようとしているクロオビシロフタオ。

 大駐車場前の建物の床には,今年何度も見ているカギモンキリガがいました。
カギモンキリガ
カギモンヤガのカギは鍵で,カギモンキリガの方は鉤(ものを引っかけるのに使う先端の曲がった金属の棒)だと思われます。

 天上の蛍光灯の枠にはマダラマドガ止まっています。高くて上手く写せません。外からマツの小枝を拾って来て蛾を落としました。運が悪いときには,明るい出口目指して飛んで行き逃げられてしまいます。今日は脇の壁に止まってくれました。
 このマダラマドガは変わった止まり方をします。イヌが前足を立てて座るような格好で止まるのです。(体は壁にほぼ垂直で腹は天上を背は床を向いて止まっています。)だから,次のように写す角度を変えて写真を撮りました。
マダラマドガ
 ①斜め下の方向から写したマダラマドガ

マダラマドガ
 ②蛾の頭とカメラの高さを同じくして写したマダラマドガ

マダラマドガ
 ③翅の裏側が見える位置までカメラを上げて写したマダラマドガ。

 最後に,電話ボックスを覗くとウラベニエダシャクが電話に止まっていました。
ウラベニエダシャク
「もしもし。私は前翅長12mmの小さなシャクガ科の蛾ウラベニエダシャクです。よろしくね。」

また会えて 嬉しく思う 今朝の関


●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キンイロキリガ ヒメウスアオシャク マダラマドガ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測