FC2ブログ

ショウジョウバカマ

北茨城春5花ショウジョウバカマ
hhana0064_convert_20130306154711.jpg
①名のいわれ
 2つの説があります。
 a「猩々(しょうじょう)」という謡曲に登場する猩々が着ている赤い服にこの花を見立てています。つまり赤い色という意味です。しかも,葉が袴のように広がっているから名付けられた。

 b葉を広げたまま枯れずに冬を越します。この冬を越している葉の色が赤味がかっています。それを猩々の着ている赤い袴に見立ててショウジョウのハカマと名付けられた。やがて転じてショウジョウバカマとなった。

 aは今まで一般に言われてきた説です。
 bはブログ「風のなかで」の作者さんが考えた説です。





早春の開花時期が写しどき 撮影日:2010/04/07


hhana0060_convert_20130306154557.jpg
 aは花と葉の二つに注目して名付けています。それに対してbは葉にだけ注目して名付けています。普通一般に,名付けるときにはある目立った特徴に注目して名付けます。aのように二つのものに注目して名付けたりはしません。

 ところで,ショウジョウバカマの葉は1年中枯れずに見られます。
 冬になると枯れてしまう植物が多い中で,寒さにもめげず冬を越し,春になると葉の中央から茎を伸ばす生命力に感動していたと思われます。その生命力の強さに,何か神に似た力を感じていたのでしょう。
 その冬越しの葉の色が赤味がかっているのでショウジョウのハカマといっていたと思われるのです。

以上の理由で今日(2013年3月6日),私はaから,bに考えを改めます。




冬越しする葉は赤味がかる。 これがショウジョウのハカマのいわれ
先端にできる不定芽
 撮影日:2010/04/07


hhana0061.jpg
②生態
 乾燥した所よりもどちらかというと湿った所に多く見られる植物です。
 ショウジョウバカマの花茎は,早春の頃短いです。ところが,実が実る頃になると,どんどん花茎が伸びて,ろくろ首のようになります。少しでも背を高くして,遠くに種子を飛ばそうとしているのでしょう。

 植物は子孫を残すためにいろいろな方法を考えています。ショウジョウバカマの場合は下の写真のような方法です。地面と接触している葉の先端に新たな子(不定芽)ができています。その不定芽からは,もう既に根が生えていて,いつでも旅立つ用意ができています。
 どの葉にもできるかというとそうではありません。私の観察では,湿っている地面に接触している葉の先端に多く見られました。

③写し時
 可愛らしく奇麗にこの花を写すには,花茎があまり伸びていない時期を選んだ方がいいです。葉の緑と花の赤味が映えて奇麗に見えます。
 花茎が伸びてしまうとピントを合わせるのが難しくなります。


なんと不定芽には根まで生え用意万端 撮影日:2000/03/20

hhana0065_convert_20130306155039.jpg 雄しべや雌しべが大きくしかも何本もあるショウジョウバカマの花を写すのはピント合わせが大変です。どこに合わせていいか迷ってしまいます。

 斜め後方から写した方がずっと華やかな写真が撮れると最近感じています。 明るい花弁が強調されるからだと思います。

④短歌と五七五
 冬を越す 葉の色赤で 名付けられ 猩々色の 袴の意味だ

 花でなく 冬を越す葉に 目を留めた 生きる力の 力強さを

 花赤く 袴のように 葉は広げ 可愛いときは 開花したてが

 茎伸びて 実が実る頃 ろくろ首

 賢いな 葉の先端に 子ができる

 可憐さは 開花したてが 写しどき


後方から写すと明るい花びらが引き立ててくれる。 撮影日:2000/03/20

この記事はブログ「風のなかで」の作者さんのおかげで興味あるものになりました。

有難うございます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ショウジョウバカマ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測