FC2ブログ

勿来の関の春

2014年4月9日(水)
勿来の関の春
ショウジョウバカマ ショウジョウバカマ
左:この色の花は少ないショウジョウバカマ。 撮影日:2010/04/07 場所:勿来の関 
右:ほとんどこのような色が多いショウジョウバカマ。 撮影日:20003/03/31 場所:勿来の関
今日(2014年4月10日),念のために確認したら,今まで感じていた事実と異なって逆に左側のような色の花がほとんどでした。ということは生長と共に花弁の花の色が青紫から赤紫に変わるのでしょうか。それとも,写真に撮ると色が変わるためでしょうか。これから意識して観察してみます。

アセビ
コツバメの幼虫はアセビの蕾や花を食べます。 撮影日:20003/03/31 場所:勿来の関

カワヅザクラ
花の持ちが良いカワヅザクラ。 撮影日:2014/04/09 場所:勿来の関

ヤマザクラ
葉が赤茶色のヤマザクラ。 撮影日:2014/04/09 場所:勿来の関

オオシマザクラ
花も葉も開いているオオシマザクラ。花は緑っぽく見えます。 撮影日:2014/04/09 場所:勿来の関

ヒサカキ
異臭を放つヒサカキの花。 撮影日:2014/04/09 場所:勿来の関

 春になると勿来の関にいろいろな花が咲きます。それらを紹介します。
 最初に紹介する花は,ショウジョウバカマです。花の色は青紫や赤紫がありますが,圧倒的に多いのは青紫です。ソメイヨシノと同じく現在(2014年4月9日)満開を迎えております。日陰の湿った場所を好みます。花茎が少し伸びた頃写すと可愛らしさが出ます。日が経つにつれてどんどん伸びて種ができる頃にはろくろ首のように長くなります。

 3枚目の写真の花はアセビです。春の妖精コツバメ<記事はこちら>の幼虫の餌になります。葉ではなく蕾や花を食べるようです。アセビがあちこちに植えられているのでコツバメがよく見られます。でも,芝生が植えられている広場の周辺には植えられていないのでコツバメの姿は見られません。

 4枚目のサクラはカワヅザクラと思われる写真です。昨日,カワヅザクラは咲いている期間が長いと紹介しましたが心配になって撮った写真がこれです。開花から既に16日経っても,まだ,咲いている花があります。葉も開いて大きくなっています。

 次のサクラはヤマザクラの花です。開花する頃,赤茶色の葉も開きます。ヤマザクラの良い点は赤茶色の葉に光が当たると透けて奇麗に見え白い花を引き立てるからです。引き立てていた葉は大きくなるにつれて緑色になります。

 その次のサクラはオオシマザクラです。もう既に葉が大きくなっています。オオシマザクラの花は緑っぽく見えます。

 最後の花はヒサカキです。北茨城市やいわき市にはサカキが分布していないので神棚にはヒサカキを上げています。この花の存在は目よりも先に鼻で分かります。便所のような異臭を放つからです。花には白・薄紅のがあります。葉はホタルガの幼虫の餌になっています。


赤茶色 花が引き立つ ヤマザクラ


●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。




自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 勿来の関

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測