シータテハ

2014年3月30日(日)
シータテハ   撮影日:2010/10/02 場所:北茨城市水沼ダム
シータテハ
青矢印の所に黒い紋が無く,尾状突起(赤矢印)は尖らず円みがあるシータテハ

シータテハ
私の経験では,山地性のチョウであるといえるシータテハ

シータテハ
翅を広げて日光を浴び日向ぼっこするシータテハ。

 タテハチョウ科のシータテハを紹介します。
 このチョウを見たのは北茨城市華川町にある水沼ダムの土手です。平潟のヤブガラシの蜜吸いに集まってきませんでした。それは食餌植物の違いと思われます。シータテハの幼虫が食べるハルニレ・アキニレ・エノキが平潟には見られないからです。更にクワ科のホップ・カラハナソウも見られません。同じクワ科のカナムグラならよく見かけますが,それはキタテハの食餌植物ですからシータテハの幼虫は食べないのでしょう。

 シータテハもキタテハも似ていて区別することが大変でした。でも,シータテハには次のようなはっきりした特徴があるので同定は簡単です。

 ①青矢印の所に黒い紋がありません。
 ②尾状突起が尖らず円みがあります。(赤矢印)

 シータテハにもキタテハにも後翅中央付近に白いL字形の紋があります。シータテハの紋はC字形と図鑑には載っています。それで,シータテハと名付けられたのでしょうが,私には同じように見えて区別がつきません。

 私の経験からいえば,シータテハは山地性のチョウであるといえます。

 科名 タテハチョウ科
 和名 シータテハ
 大きさ 前翅長24~30mm
 食餌植物 ニレ科(ハルニレ、アキニレ、エノキ)・クワ科(ホップ、カラハナソウ)
 特徴 尾状突起の先端(赤矢印)が円いです。
     前翅前縁表の付け根付近(青矢印)に黒い紋がありません。

黒い紋 一つ多いは キタテハで


●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シータテハ

コメントの投稿

Secre

No title

こんばんは!
凄いのが 居るんですね!
当地では 殆ど見かけません(迷蝶を一回撮っただけです)。
もっと北の長野県境の標高の高い山地に居るのでしょう^^;;

No title

先日はキアゲハの記事にコメントをいただきありがとうございました。

色んな蝶や蛾、鳥がいるんですね!
写真も綺麗で、詳しく説明が書かれているので勉強になります。
またお邪魔させてくださいね^^

●白雲 さんへ

キタテハは平地で普通に見られることに気づきました。
北茨城市でシータテハは水沼ダム(標高280.0m)で見つけました。
それ以降見ておりません。
鮮やかな橙色が印象に残っています。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測