ヒトリシズカ


北茨城春5花ヒトリシズカ
hhana0044.jpg hhana0043.jpg
ヒトリシズカ 撮影日:2007/04/14

 早春の花の中で印象深いものの三つ目を紹介します。
 最後に挙げるのはヒトリシズカです。

 花を美しい静御前の舞姿に見立てて名付けられました。花穂が1本でることからヒトツシズカが転じてヒトリシズカになったものと思われます。
 あまり大きくなりません。
 似た名前を持つものにフタリシズカがあります。こちらの花穂は普通2本ですが3本も4本も見られるものがあります。大きくなる植物です。

 4枚の葉が花を囲むようにして咲く開花の頃は,母が赤ちゃんを抱く姿に見え可愛らしいです。

 長い間,どんな作りの花なのか分かりませんでした。白く見えるものが花びらと思いましたが雄しべと分かり驚きました。その様子を写真に撮ろうとしてまた,驚きました。雄しべの先端に付くはずの葯が。途中についていたからです。驚きはそればかりではありません。その葯がどの雄しべにもつかず,3本に分かれた雄しべのうちの両端の雄しべにしかついていないのです。

 ところが,驚きはもう一つありました。雌しべの根元から出ているとばかり思っていた雄しべが,雌しべの脇から出ているではありませんか。
 こんなにも変わった花の作りをしているのがヒトリシズカなのです。
hhana0049_convert_20130304081306.jpg
ヒトリシズカの花の作り
a:雌しべ:子房の脇に3本に分かれた雄しべがついている。
b:向かって左の雄しべの葯
c:向かって右の雄しべ:葯がついている所から急に上に反り返る
d:真ん中の雄しべ:花穂の上にあるものほど上を向いている(葯はつかない)
e:雌しべの柱頭



 下の写真を見ると全体に横の方向に伸びている様子が分かります。これは,種子で殖えているというよりも,地下茎を横に伸ばして殖えているように思われます。

 花の写真を上の方からばかり撮っていた頃より,横の方から写すようになって面白い写真が殖えました。

 輪生の ように見えるが 葉の出方 僅かにずれる 二対の葉等は 

 可愛いな ヒトリシズカは 一つ出し フタリシズカは 幾本も出す

 三本に 分かれた雄しべ 二本だけ 黄色の葯が 下向きにつく

 葉を添えて くるんであげる 可愛さに

 暖かく してあげようと 葉を添える

 自信あり 見た目で勝負 この姿

 美しさ 自信ありげに 早く咲き

 一列に ヒトリシズカは 並んでる

 可愛さが にじみ出ている 覗いてる
 
hhana0042_convert_20130304063045.jpg
春爛漫  ヒトリシズカとニリンソウ 撮影日:2006/04/29
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒトリシズカ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測