FC2ブログ

モノサシトンボ

2014年2月18日(火)
モノサシトンボ
モノサシトンボ
腹端には雄特有の付属器が見えるモノサシトンボ雄。縦長の眼側紋(複眼の脇にあるので眼後紋と言わずに眼側紋と付けました。)があります。 撮影日:2010/06/24 場所:北茨城市

モノサシトンボ
腹部各節前縁に同じような班が等間隔に並び物差しのように見えるのでモノサシトンボと呼ばれるのでしょう。 撮影日:2010/07/10 場所:北茨城市

モノサシトンボ
複眼を見れば可愛いと見えますが,口を見ると怖いモノサシトンボの顔。 撮影日:2010/07/05 場所:北茨城市

モノサシトンボ
肩黒条中に三日月紋があることがモノサシトンボを見分ける大切なポイントです。縦長の眼側紋がはっきり見えます。 撮影日:2010/07/05 場所:北茨城市

モノサシトンボ
胸部が黄緑色なのでモノサシトンボ成熟雌です。 撮影日:2010/06/24 場所:北茨城市

モノサシトンボ
複眼も体色も褐色なので羽化したばかりのモノサシトンボ雌と思われます。 撮影日:2010/07/06 場所:北茨城市

 モノサシトンボ科のモノサシトンボを紹介します。
 近づいてもすぐ逃げないトンボです。だからよい角度から写真が写せるトンボです。腹部がこれまでのどのトンボより長く大きいと感じます。雄のイトトンボの体色は一部を除き青と黒がほとんどです。
 あるとき褐色のモノサシトンボらしいものを写しました。そんな体色のトンボを見たことがなかったので,今日まで同定を保留にしていました。
 アオイトトンボの羽化したばかりの未熟雌の複眼が褐色だったことから推測すると,最後の写真のは羽化したばかりのモノサシトンボ雌だとおもわれます。

 このモノサシトンボを同定するのはとても簡単です。それは肩黒条中に三日月紋があるからです。雄にも雌にもあるから助かります。たまに欠損しているモノサシトンボがいますが,そのときは縦長の眼側紋を確認すれば済みます。

 科名 モノサシトンボ科
 和名 モノサシトンボ
 大きさ 体長 38~51mm  腹長 35mm
 特徴 雄の腹部第3~7節前縁に青白班があります。雌には黄緑班があります。
     眼後紋というより眼側紋が縦長にならんでいます。
     普通に見られる大きいイトトンボです。
     肩黒条中に三日月紋があることがモノサシトンボの特徴です。
     4~10月に観察されます。

モノサシは 三日月紋が 目印に

縦長の 眼側紋も ポイントだ



●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : モノサシトンボ イトトンボ

コメントの投稿

Secre

モノサシトンボ、キイトトンボ

 キイトトンボとモノサシトンボの記録がありましたのでお邪魔しました。キイトトンボは間違えようがありませんが、モノサシトンボには肩黒条中に三日月紋があることがモノサシトンボを見分ける大切なポイント、との記述を拝見し、自分のブログ(URL記載しました)を確認してなるほどね、と納得です。ありがとうございました。

No title

こんばんはです!
随分と古い記事のセスジイトトンボにコメ、ありがとうございます!!
この時の写真は帰省先から岡山市内の運河に遠征した時のもの・・
どれもよく似てますがこの場所にはこれが殆ど・・
潜水産卵が撮れなかったのは残念です!
ポチッ!

クロメダカ さんへ

いつも,ご丁寧なコメント有り難うございます。
こちらでは霞ヶ浦まで行かないとアサザは見られないので,写真は撮れませんが黄色の花弁の縁にある鋸歯状のものが素敵に見え写真を撮りたいのですが撮れないでいます。

雰囲気でモノサシトンボとは分かるのですが,何か目印になるものはと
探しているうちに三日月紋を見つけました。

Kameのフォトブック2 さんへ

おはようございます。
ご訪問・コメント有り難うございます。
「 ポチッ!」まで頂き嬉しいです。
岡山は暖かいからでしょうが,北茨城ではあまり見かけないセスジイトトンボです。
また,このブログを見に来て下さい。

No title

おはようございます!
モノサシトンボは 丘陵地の林の中の池で出会いましたが、
山地へ行くようになってからは 標高900mの池周辺でも
見かけましたので、生息範囲は広いと思いましたv(^^)

同じモノサシトンボ科のトンボに、「グンバイトンボ」がいて、♂の中肢と後肢が白い軍配のように広がるのですが、絶滅危惧種でなかなか見つかりません。 隣県の一カ所に居るという情報を得て、70kmくらい走り、撮った時は嬉しかったです!d(^-^) 
御地に「グンバイトンボ」は いますか?
P★!  P★!

▼愉快な仙人▼ さんへ

おはようございます!
北茨城市関南町には大きな川がないので彼方此方に灌漑用の沼があります。
そのほとんどの沼にモノサシトンボはいました。

しかしながら,「グンバイトンボ」には未だ会っていません。
宮城県・福島県・栃木県で見つかっているので茨城県にもいるような気がします。
注意して観察していきます。

カキランが勿来の関にはあったのですが道路拡張のため絶滅しました。
がっかりしました。
P★!  P★!
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測