fc2ブログ

エサキモンキツノカメムシ

2023年8月2(水)

エサキモンキツノカメムシ 撮影日2023/08/02 撮影場所:勿来の関

エサキモンキツノカメムシ
①エサキモンキツノカメムシ(カメムシ目ツノカメムシ科)
タイミングよく♂と♀が交尾している場面に出合わせました。
どちらが♂でどちらが♀なのでしょうか。
別々に出合ったら似たような格好なので分かりません。
しかし,交尾している場合は予想することができます。
昆虫界では卵を産まなければならない♀の体を大きくして子孫繁栄を図ってきました。
ですから,左側の小さい方が♂で,右の大きい方が♀だと予想することができます。

本種の大きな特徴は胸部背に鮮やかな淡黄色のハート紋が有ることです。
本種に似たモンキツノカメムシは淡黄色紋に凹みが有りません。
本種の♀は卵を産みっぱなしにせず脇を離れず見守り続けます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

エサキモンキツノカメムシ

特徴的なカメムシですね。

自分が住んでる地域はクサギカメムシ、クモヘリカメムシ系が多いです。

天敵のオオトビサシガメも多いです。


カメムシの天敵には寄生蜂 カメムシタマゴトビコバチが居ます。

カメムシの卵に産み付けカメムシの幼虫が出てこなくします。

寄生された卵からは新しいカメムシタマゴトビコバチが生まれます。

寄生蜂(ヒメバチ系、コマユバチ系)は触っても刺さない蜂で

蛾、カメムシの卵、蝶などの幼虫に寄生し害虫の発生を抑えてくれる蜂です。

イラガの繭を襲うイラガセイボウも有名です。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真