ミヤマサナエ

《人気ブログランキングへ》ミヤマサナエ   撮影日:2010/08/06 場所:北茨城市
ミヤマサナエ
胸部背面にL字状の緑班が向き合うミヤマサナエ。腹部背面には第7節まで黄色の筋が見られます。

ミヤマサナエ
第7~9腹節が横に広がり,第8腹節に大きな黄班があるミヤマサナエ

ミヤマサナエ
この記事の4枚の写真は同じミヤマサナエですが,腹部脇第8腹節まで黄班が並んでいないので雄だと思われます。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエは複眼が離れているのでオニヤンマ科でなくサナエトンボ科の仲間です。

 サナエトンボ科のミヤマサナエを紹介します。
 ハッチョウトンボの雌を写そうとして道路を歩いていると突然目の前にオニヤンマに似たトンボが止まりました。
 逃げないようにと祈りながら何枚か写真を撮ることにしました。途中何度か飛び去りましたが,また,戻ってくる性質がトンボにはあるのでカメラを構えて待っていました。そのようにして角度を変えながら写真を撮ることができました。
 撮りながら腹端が横に広がっているからオニヤンマでないことが分かりました。更に,複眼が離れていて,しかも胸部が分厚いからオニヤンマ科でないことも分かりました。横に広がった腹端とそこにある黄班を手がかりにネットや図鑑で調べるとミヤマサナエであることが分かりました。山奥で見られるトンボなのでミヤマ(深山)サナエと呼ばれるのでしょう。

 科名 サナエトンボ科
 和名 ミヤマサナエ
 大きさ 腹長40mm
 特徴 複眼が緑色で離れています。
     第7~9腹節が横に広がっています。
     第8腹節に大きな黄班があります。
     胸部背面にL字状の緑班があります。
     5~10月に観察されます。

腹端が ミヤマは横に 広くなる


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ミヤマサナエ

コメントの投稿

Secre

No title

こんばんは。

ミヤマサナエの尾っぽスゴイですね。
まるでうちわの様なひらべったいものなのですね。

こんにちは

「深山」とつきますが、それほど山奥に行かなくても産卵期になれば川の中流域でも見られるようですね。
私は一度田んぼの中のハス畑で見かけました。

だんちょう さんへ

私も尾っぽと顔に惚れました。
またのご訪問をお待ちしています。

Toshi さんへ

私には初めての出会いでしたので興奮いたしました。
その後,出会いはありません。
またのご訪問をお待ちしています。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測