FC2ブログ

チョウトンボ

《人気ブログランキングへ》チョウトンボ
チョウトンボ
光の当たり具合によって輝く色の様子が微妙に違ってくる雄のチョウトンボ。 撮影日:2010/08/03 場所:北茨城市平潟町

チョウトンボ
翅に光が当たり紫の色が赤紫・青・水色に輝く雄のチョウトンボ。 撮影日:2010/08/03 場所:北茨城市平潟町

チョウトンボ
翅の紋様の大きさ・形には個体差がある雄のチョウトンボ。前翅の翅頂にはこのトンボだけ黒い紋が2つあります。 撮影日:2010/08/03 場所:北茨城市平潟町

チョウトンボ
後翅の幅が前翅より広いことがチョウトンボの仲間の特徴です。 撮影日:2010/08/03 場所:北茨城市平潟町

チョウトンボ
腹端を高く上げて自分の縄張りを誇示している雄のチョウトンボ。 撮影日:2011/07/15 場所:友部市北山霊園蓮池

 トンボ科のチョウトンボを紹介します。
 北茨城市関南町には大きな川が流れていないので,灌漑用としてあちこちに沼があります。その中の1つにヒシが生育している池があります。この沼で私は,初めてチョウトンボを見たのです。翅に光が当たると青紫色が赤紫・青・紺・黒に分かれ,溜め息が出るほど奇麗な色に輝いて見えます。あいにくこのときは,カメラがなかったので,後で行って見ると沼の周りは金網で囲まれ護岸工事がなされていました。その工事のためか,チョウトンボの姿を見ることができませんでした。
 もうこれでチョウトンボは見ることができなくなったとがっかりしていました。 ところが,イトトンボの写真を撮ろうと平潟小の北側にある小さな池に出かけたところ何とあの奇麗なチョウトンボが飛んでいるではありませんか。私はもうすっかり嬉しくなって,キャノンの一眼レフカメラを取り出し何枚も写しました。
 チョウトンボの名のいわれは,2つあるようです。
 ①チョウのようにひらひら飛ぶから。
 ②翅はほとんど透明なものが多いのに,チョウのような奇麗な翅があるから。

 素早く飛ぶ姿を見ていて,何か納得できずに私はいました。でも,②の理由も付け加えて,「ひらひら飛ぶときがあってチョウのように奇麗な翅を持っているから」チョウトンボと名が付いていますと説明されたら説得力があると思っています。

 科名 トンボ科
 和名 チョウトンボ
 大きさ 腹長24mm
 特徴 雄の翅の色は青紫色で雌は黒ずんだ色です。
    6~9月に観察されます。

紫の 色の変化が 美しく 夏の水辺で うっとりとする

翅に光り 当たりて色が 様様に 

水あれば 町の中でも トンボあり



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : チョウトンボ

コメントの投稿

Secre

No title

いととんぼさん、こんにちは。
こんなきれいな虫が平潟のあの池にいるんですね!
びっくり。
見つけた時、どんなにうれしかったでしょう。

No title

チョウトンボは北海道では見られませんので、南方系のトンボの印象がありとても綺麗ですね。

こう言う虫は本当に寒い寒い北海道からだと憧れの虫の一つです。

Re: No title

ゆうこちんさん,おはようございます。
ブログをご覧頂き,コメントも書いて下さり有り難く思っています。

平潟小の下り坂を降りた正面のあの小さな池にチョウトンボさんが
飛んでいるのを見たときには目を疑ってしまいました。

周りを住宅で囲まれた不自然な環境の中にチョウトンボさんが居たからです。
このときも「水あるところ命あり」(水がある所には生物が見られる)を実感しました。

遠くに行かなくても近くで奇麗なチョウトンボさんが見られると思うと嬉しい限りです。

ありがとうございました! 

おはようございます!
コメント頂き、ありがとうございました! 
トンボが飛ぶ、4月が待ち遠しいですね!
このチョウトンボを見ると 夏だなあ~!と
思います(^^)♪

チョウトンボ

itotonbosanさん、こんにちは。
拙ブログにコメントありがとうございました。
護岸工事等で人間の都合で生物の生息域が失われていくのは悲しいことですね。
いつまでもチョウトンボのような美しいトンボが飛び交う自然であって欲しいです。

No title

 拙ブログにコメントありがとうございました。初めてチョウトンボを観察したのはずいぶん昔のことで、うれしかったのを覚えています。
 昨今、当地の観察では個体発生数は年によってかなり変動があり、棲息環境に対する人為的作為のせいだと推測しています。最後は、人間の都合が優先になりますから・・・

チョウトンボ

豆娘さん こんばんは。
今年のカレンダーには忘れずにチョウトンボ♀を撮影と書いて置いてください。
綺麗に輝く翅を撮ってください。

そちらでもフユシャクが沢山見つかっていますね。羨ましいです。
こちらは、大きな川や池、沼がなく、深い森もないので、3年も虫探しをしていると新顔がだんだん、少なくなって来ました。

今年は、虫の特徴を探して、なるべく綺麗に撮ろうと心がけています。
1月18日にはクヌギカレハの幼虫を見つけましたので、記事にしました。
そちらでも見つかるかも知れせんよ。

Re: No title

ご訪問・コメント有り難うございます。
水辺をめぐる環境は,いつでも人間の都合によってだけ変えられてしまいます。
「水あるところ命あり」で水のお陰でいろいろな生物が生きているのに,
勝手気ままに命を奪ってしまう現実をいつも悲しく思っています。


Re: チョウトンボ

ご訪問・コメント有り難うございます。
チョウトンボの♀が飛んでいるのを期待しています。

千種類くらい蛾の写真を撮りました。
観察場所を変えるかライトトラップをすれば
新しい蛾に会えると思っていますがなかなか決断できずにいます。

おじゃまします

こんにちは、チョウトンボ、自分もオスの写真しか撮ってないLiberosです。コメントいただいたので、HPとブログ、拝見しに参りましたが、ここは掲載種類数がすごいですね。ガの写真はとくにすごい。守備範囲が広くておられるのと、よいフィールドをお持ちですね。またおじゃまします。

Re: おじゃまします

ご訪問・コメント有り難うございます。
植物の写真を主に撮っていましたが,
最近は蛾・昆虫の写真が多くなってきました。
蛾の種類はもう少しで千種を超えるのですが・・・
若い頃は都会に憧れていましたが,
現在,いろいろな生物が見られる田舎が気に入っています。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測