fc2ブログ

ヒメヤママユ

2022年11月9日(水)
ヒメヤママユ 撮影日2022/11/08 撮影場所:勿来の関

ヒメヤママユ
①ヒメヤママユ(ヤママユガ科)  鏡の縁に前足を掛けてぶら下がっています。
勿来の関では毎年11月になると出現しています。
写真の蛾で前翅長が34㎜ある大きな蛾です。
この様な状態でぶら下がっています。
前翅の重みで後翅の眼状紋は隠れています。


ヒメヤママユ
②ヒメヤママユ
いたずらして前翅の外縁を指で鏡の面に平行に持ち上げると後翅の眼状紋が現れます。
でも暫くすると前翅の重さで垂れ下がり後翅の眼状紋は隠れてしまいます。
写真の蛾は触角が見えませんが恐らく♂だと思われます。
その訳は前翅と後翅の外縁が黄色を帯びず茶褐色だからです。
幼虫はサクラ,ウメ,ナシ,スモモ,サンゴジュ,ガマズミ,クヌギ,ミズキ,ウツギ,カエデ,クルミ科,ニレ科等の葉を食べるので複数回観察されます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真