fc2ブログ

ヒメヤママユの雌と雄

2021年11月11日(金)
ヒメヤママユの雌と雄 撮影日2021/11/10,11/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年11月10日と8日に観察したヒメヤママユです。

ヒメヤママユ♀
①ヒメヤママユ♀(ヤママユガ科)
灯火近くの壁には明るい感じのヒメヤママユが止まっています。
青矢印が指している外横線の外側が焦茶色ではないからです。
特に外縁沿いに黄土色が広がっているから明るく見えます。
胸部背も黄土色が広がっているから明るい感じです。

♀の触角は短櫛歯状(細緑矢印)で,♂は羽毛状なのでこの写真の蛾は♀です。

♀の腹部は卵を蓄えているので桃矢印の近くまで太くなっています。


ヒメヤママユ♂
②ヒメヤママユ♂
比較しやすいように♂の画像を載せました。
触角は♀と違って羽毛状です。(太緑矢印)
赤矢印が指している腹部は端になるほど次第に細くなっているのが分かるでしょう。
灯火に飛来するのは圧倒的に雄が多いです。
一般に♂は焦茶色の個体が多く,♀は黄土色がある明るい個体が多いです。
でも,色で♂♀を分けずに触角と腹端の様子で区別する方が間違いが無いと思います。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真