fc2ブログ

ウスキツバメエダシャク

2021年5月15日(土)
ウスキツバメエダシャク 撮影日2021/05/12 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年5月12日に観察したウスキツバメエダシャクです。

ウスキツバメエダシャク
①ウスキツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
壁に貼り付いたように平らに止まる蛾が居ます。
後翅が見え止まる格好が平面的なのでシャクガ科と分かります。

和名のウスキとは外縁に沿って薄く黄色を帯びている部分があるからです。
和名のツバメとは赤矢印が指している部分がツバメの尾のように見えるからです。

大きいものは前翅長が20㎜を超えるものもいます。


ウスキツバメエダシャク
②ウスキツバメエダシャク
勿来の関周辺に似た蛾は本種を入れて3種類が居ます。
ウスキツバメエダシャク・コガタツバメエダシャク・シロツバメエダシャクの3種類です。
翅の筋模様だけでなく顔の様子(緑矢印)も写真に撮ると同定が楽になります。
目と目を結ぶ線は焦茶色で,目と目の間は橙褐色です。
3種類の比較は<ここを見て下さい。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真