FC2ブログ

クロオビフユナミシャク

2021年1月11日(月)
2526 クロオビフユナミシャク 撮影日2020/12/09 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年12月9日に観察したクロオビフユナミシャクです。

クロオビフユナミシャク
①クロオビフユナミシャク♂(シャクガ科ナミシャク亜科)
似た蛾にヒメクロオビフユナミシャクが居るので注意が必要です。
赤矢印が指している横線が波を打っています。
このことから,ナミシャク亜科の仲間と分かります。
特に中央にある二つの波形(赤矢印)は目立っています。


クロオビフユナミシャク
②クロオビフユナミシャク♂
いわゆる「フユシャク」の仲間です。
♀の翅は退化していて小さいです。
退化しているといっても体長の63%あり「フユシャク」の中では発達しています。
それでも♀は飛べないので移動は足を使って歩きます。
成虫は一切食べませんが,その訳は次の二つです。。
一つは食べたものが凍るのを防いでいるのです。
二つ目は翅に費やすエネルギーを卵の生産に回して子孫を増やそうとしているのです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
ブログ
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真