FC2ブログ

・平潟の野鳥 ヒヨドリ スズメ ウミウ


ピーヨ,ピーヨと鳴くのでピーヨ鳥からヒヨドリと名が付く 撮影日:2013/2/23 場所:平潟
「ピーヨ,ピーヨ,ピーヨ」と鋭く騒々しく声に驚いて外を見ると灰褐色の鳥がユズの木に止まっています。スズメよりずっと体が大きい。嘴は細長く尖っています。ヒヨドリです。しばらく観察していると,スズメが1羽飛んできました。1mくらい離れた所に止まりました。それを目ざとく見つけたヒヨドリは,ここは俺の縄張りだと言わんばかりに追い払ってしまいました。自分の体よりずっと大きいヒヨドリに突っ込まれては勝ち目がないと分かっているようにスズメは違う場所に飛んでいきました。
 ところで,ヒヨドリの名のいわれは「ピーヨ,ピーヨ,ピーヨ」と鳴く鳴き声から付けられたようです
tori0143_convert_20130224221555.jpg
単独でよく庭に来る 撮影日:2013/2/23 場所:平潟


tori0140_20130224222258.jpg
頬とのどに当たる所に黒い紋がある。 撮影日:2013/2/23 場所:平潟
 スズメは人家近くで見かけることが多い鳥です。それは屋根の瓦の隙間を巣にしてきたからです。ところが,最近,数蛾少なくなってきたようです。それは瓦の形が変わってきたからです。昔の瓦は反っていましたが,今の瓦は平らな形をしています。それで,隙間ができませんから,隙間さえあれば巣を作ってしまうスズメにとって受難の時代が訪れたのです。

 最近,空き地となっている平潟の港を散歩していたら,子どもの頃,よく目にした光景に出会いました。
 スズメの群れ(その数は50羽以上もいたでしょうか)が突然,目の前から飛び立って少し離れた場所に降りました。そして,また,元のように餌をつつきはじめました。写真を撮りたくてそうっと近付くと,また,飛んで行ってしまいます。何度やっても同じです。
 近付く私に驚いて1羽が飛び立つと,外のスズメも後を追うように飛んで行ってしまいます。いくらやっても失敗に終わりました。
スズメに限らず野生の動物は,よその動物の動きに敏感です。ちょっとでも動けば,警戒して逃げてしまいます。
 朝方「チュンチュン,チュンチュン。」と,スズメの声がするので窓を開けると必ず逃げられてしまいます。そうっと開けても気付かれてしまいます。
 スズメには頬に黒い斑紋と,目からのどかけて黒い筋があるのが特徴です。
tori0141_20130224222419.jpg
せわしく動くスズメは写すのが困難 撮影日:2013/2/23 場所:平潟


tori0150_convert_20130224221631.jpg tori0151.jpg
口角がV字形 茶褐色の羽から若鳥と判明     写真を撮っている私を見て警戒しはじめた
撮影日:2013/2/23 場所:平潟港
 2013年2月24日,平潟港を散歩していると岸壁の下の方で羽を乾かしている「ウミウ」を見つけました。岸壁の上から近寄れば「ウミウ」は私を見つけることはできません。かなり近くで写真を撮ることができる絶好の機会です。絶対成功すると確信して真上近くまで歩み寄りました。そっと下を覗くと上手い具合に「ウミウ」の斜め上にいました。5枚も続けて写真を撮っていたら,「ウミウ」は不安に感じて海に飛び込み逃げていきました。
 間近で写した写真だけに口角の様子がよく分かります。Vの字に尖っています。正にこれが「ウミウ」の特徴です。翅の色が黒だとばかり思っていたら,茶褐色です。これは成鳥ではなく,まだ若鳥であることを物語っています。

tori0152_convert_20130224221250.jpg
海に逃げるウミウ 撮影日:2013/2/23 場所:平潟港
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 平潟の野鳥 ヒヨドリ スズメ ウミウ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測