ヤマボウシ


ヤマボウシ
ヤマボウシ
白い総苞片は遠くからでもよく見えるヤマボウシ。中央の緑色に見えるのが花です。撮影日:2000/06/18 場所:水沼ダム

ヤマボウシ
8月下旬頃は白い総苞片は既に無く実が目立つようになるヤマボウシ。 撮影日:2013/08/31 場所:勿来の関

ヤマボウシ
赤く熟した実は昆虫たちにも人気があるヤマボウシ。紅葉も同時に楽しめます。  撮影日:2000/10/31 場所:差塩湿原

 ナデシコ科の植物フシグロセンノウを紹介します。
 最初の写真で花の真ん中の緑色見えるものが花です。20~30個密集していて淡黄緑色の小さい花が咲きます。やがて,丸くて赤い実になります。名前の由来は,これを僧兵の頭に白い総苞片(花びらのように見えるが花とは違います。)を白頭巾に見立てたという説があります。
 白い総苞片が大きいので咲き出すと遠くからでも分かります。8月下旬頃から実が赤く熟します。この実は甘くて美味しい実です。チョウやスズメバチやアカスジキンカメムシ<記事はこちら>などが汁を吸いに集まってきてこの木の周りはにぎやかになります。北茨城では水沼ダムに行くと見られます。最後の写真は福島県の差塩(さいそ)湿原で写しました。赤い実と紅葉が青空に映えて奇麗でした。勿来の関でも花や実が観察できます。

 科名 ミズキ科
 和名 ヤマボウシ
 高さ 5~15m
 花期 5月~7月
 花  淡黄緑色の小さい花を20~30個密集してつける。
 葉  対生
 特徴 花びらのように見える総苞片は白から紅色まで変化が多い。

実は甘く 色も奇麗な ヤマボウシ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヤマボウシ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測