FC2ブログ

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ④

2019年8月9日(金)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ④ 撮影日:2019/06/28,07/24,07/31 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で6月28日と7月24日,7月31日に観察したカミキリムシです。
後2日間くらい主に北茨城と勿来の関で見られたカミキリムシを紹介します。
これらのカミキリムシは家周辺および灯火に飛来したものです。

セミスジコブヒゲカミキリ♀
①セミスジコブヒゲカミキリ♀( カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
このカミキリムシは♀か♂かは一見して分かります。
それは触角の瘤の様子で分かるのです。
♀の瘤は,根元から最初のものがふくらんでいます。


セミスジコブヒゲカミキリ♀
②セミスジコブヒゲカミキリ♀
♀の触角は体長の2.3~2.5倍程で♂より短いです。
胸部背にある3本の筋がセミスジのいわれと思われます。


セミスジコブヒゲカミキリ♂
③セミスジコブヒゲカミキリ♂
♂の瘤は,根元から1番と2番目の瘤(緑矢印)がふくらんでいます。
特に2番目の瘤はふくらんでいます。


セミスジコブヒゲカミキリ♂
④セミスジコブヒゲカミキリ♂
分布は北海道(南部),本州,小笠原諸島(母島),飛島,佐渡島,冠島,四国,九州,対馬,五島列島(糀島)です。
出現期は6~8月です。
各種広葉樹及び針葉樹を食べます。
♂の触角は体長の3.0~3.8倍で♀より長いです。


ニイジマトラカミキリ
⑤ニイジマトラカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科)
黒い地に黄色の横線が目立つカミキリムシです。
短い触角も手伝ってハチを思わせます。
新島善直博士をたたえてニイジマトラカミキリと名付けられたようです。


ニイジマトラカミキリ
⑥ニイジマトラカミキリ
分布は,北海道,本州,佐渡,四国,九州,対馬,屋久島です。
カエデ類,リョウブを餌としています。
出現期は,6~8月です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測