fc2ブログ

アトジロエダシャク

2019年3月7日(木)
アトジロエダシャク 撮影日:2019/03/03,03/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したアトジロエダシャクです。

アトジロエダシャク
①アトジロエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
この蛾は毎年複数の個体が見られます。
その原因は食餌植物が多種類に及ぶからだと思われます。
その主なものは,クルミ科,カバノキ科,ブナ科,ニレ科,バラ科,カエデ科,ミズキ科です。


アトジロエダシャク
②アトジロエダシャク
上からでなく横方向から撮ったとき,「どうしてこんな物があるのだろう。」と思いました。
それは,赤矢印で示した物が写っていたからです。
恐らく開いていた翅を閉じるとき,左右の翅が重ならないようにだと思われます。
この蛾の前翅表面は凸凹していて滑らかで無いので,なかなか元に戻らないからでしょう。


アトジロエダシャク
③アトジロエダシャク
この蛾の後翅の色は,前翅とは違って白っぽいです。
だから名前がアトジロエダシャクとなったのでしょう。
胸部背に有る毛がライオンの鬣(たてがみ)のように頭部の周りに起き上がるときがあります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真