fc2ブログ

ハヤシノウマオイ雄と雌

2018年10月15日(月)
ハヤシノウマオイ雄と雌  撮影日:2018/09/16,10/02 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは9月16日と10月2日に勿来の関で観察した昆虫です。
灯火には蛾だけで無くバッタの仲間も飛来します。
ハヤシノウマオイとハタケノウマオイは似ていて外見では区別がつきません。
勿来の関は山の中にあるのでハヤシノウマオイとしました。

ハヤシノウマオイ雄
①ハヤシノウマオイ雄(バッタ目キリギリス科)
雄雌が分かる大きなポイントは胸部背の紋にあります。
その楕円紋の中央下に丸味のある緑紋(赤矢印)が雄の目印です。
もちろん,腹端にあるストロー状の産卵管の有無でも分かります。
もう一つの特徴は足にある鋭いとげです。
このとげがあるということは,ハヤシノウマオイが肉食であることを示しています。
肉食,つまり昆虫を捕らえて食べているのです。


ハヤシノウマオイ雌
②ハヤシノウマオイ雌 右側の後ろ足は事故で失っています。
よく目立つのが赤矢印で示した産卵管です。
胸部背には楕円形の紋がありません。
足には鋭いとげがあって昆虫を捕らえて食べていることが分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ハヤシノウマオイ雄と雌

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真