FC2ブログ

8月(2018年)に見られた蛾⑯

2018年9月6日(木)
8月(2018年)に見られた蛾⑯  撮影日:2018/08/30,08/31 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は8月30日と31日に勿来の関で観察したものです。

ウスクモエダシャク
①ウスクモエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
触角を拡大すると糸状だと分かります。
雄の触角は櫛歯状,雌の触角は糸状なので,この蛾は雌だと分かります。
後翅内横線から外横線の間は褐色の横線が沢山あります。
それを薄雲に見立ててウスクモエダシャクとなづけたのでしょう。


オオウスヅマカラスヨトウ
②オオウスヅマカラスヨトウ(ヤガ科カラスヨトウ亜科)
外横線(赤矢印)より内側は紫褐色で外側は薄褐色になっています。
開張 43~46㎜と大きく感じる蛾です。
触角を翅の外に出して止まるヤガ科らしからぬ蛾です。(ほとんどのヤガ科は翅の下に納めています。)


ベニヒメシャク
③ベニヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
開張11~15㎜と小さい蛾です。
しかし,紅・橙・黒・白の色彩で目立つ存在です。
各翅中央付近にある橙色の紋は個体差が大きく大きさも形も様々です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月(2018年)に見られた蛾⑯

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測