FC2ブログ

7月(2018年)に見られた蛾⑲

2018年7月25日(水)
7月(2018年)に見られた蛾⑲   撮影日:2018/07/16,07/17 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は7月16日と17日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ハナオイアツバ雄
①ハナオイアツバ雄(ヤガ科クルマアツバ亜科)  太くて長い下唇鬚(かしんひげ)が目立ちます。
雄と雌は紋様は同じですが,下唇鬚(かしんひげ)の様子が違います。
雄の下唇鬚・・・太くて長い
雌の下唇鬚・・・細くて短い
後方へ反り返る下唇鬚(かしんひげ)からクルマアツバ亜科と分かります。


ハナオイアツバ雌
①ハナオイアツバ雌(ヤガ科クルマアツバ亜科)  雌は細くて短い下唇鬚(かしんひげ)を持っています。
2つの白紋があります。
一つは内横線の直ぐ外側にある小白点です。
もう一つは長楕円形のものです。


ヨモギネムシガ
②ヨモギネムシガ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科)  横から写しています。ヒメハマキ紋が見られます。
開張が14~24㎜と小さい蛾です。
白い馬蹄形紋は個体変異が大きくいろいろな形のものがあります。
前翅前縁に見られる白い筋模様からヒメハマキガ亜科と分かります。
幼虫がヨモギの葉を食べるのでヨモギネムシガと名前がついたのでしょう。


ヨモギネムシガ
②ヨモギネムシガ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科)  上から写しています。

オスグロトモエ雄
③オスグロトモエ(ヤガ科シタバガ亜科)
雄の方が黒ずんでいるのでオスグロトモエと名付けられたのでしょう。
この蛾は春型と夏型の二つの型が見られます。
夏型には巴紋が見られます。
春型の雄にはカタカナの「フ」を逆さにしたような紋があります。
念のため翅裏を見ると予想したとおり朱色でした。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月(2018年)に見られた蛾⑲

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測