FC2ブログ

7月(2018年)に見られた蛾⑪

2018年7月17日(火)
7月(2018年)に見られた蛾⑪   撮影日:2018/07/11 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は7月11日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ヒョウモンエダシャク
①ヒョウモンエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
雌の触角は糸状で雄は櫛歯状です。だから,写真の蛾は雌です。
逃げ足が速く,人影を見ると直ぐ逃げます。
そんな中でも,この蛾は眠っていたのか逃げませんでした。
毎年,沢山見掛ける蛾です。


アトモンヒロズコガ
②アトモンヒロズコガ(ヒロズコガ科)
前翅長が小さいものは7,㎜大きいものでも11㎜の小さな蛾です。
前翅後縁に黒い紋があることからアトモンと名付けられたようです。
この蛾も逃げるのが速くカメラを近づけると直ぐ飛んでいってしまいます。


フジフサキバガ
③フジフサキバガ(キバガ科)
目の前方に毛の房があります。
その房の中頃から,後方へ反り返ったキバ(下唇鬚(かしんひげ))が出ています。
幼虫がフジ,ヤマフジ,ナツフジといった植物の葉を食べるので名前にフジがつくのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月(2018年)に見られた蛾⑪

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測