FC2ブログ

5月(2018年)に見られた蛾(24)

2018年6月2日(土)
5月(2018年)に見られた蛾(24) 撮影日:2018/05/24 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は5月24日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ヒメウスベニトガリバ
①ヒメウスベニトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)
毎年普通に見かける蛾でモントガリバという種が居ます。
ところが,こちらのヒメウスベニトガリバは毎年は見られない種です。
何の仲間か見極めるのはポイントが分からないと難しいです。
前翅翅頂から斜めに上がる白い線(赤矢印)がポイントで,このような線があればトガリバガ科です。
白い線でなく黒い線の場合(こちらの方が多いです)もあります。


ウチムラサキヒメエダシャク
②ウチムラサキヒメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
開張が16~18㎜の小さな蛾です。
薄褐色の太めの亜外縁線の内側が紫を帯びているのでウチムラサキの名があるのでしょう。


ゴマフリドクガ
③ゴマフリドクガ(ドクガ科)
勿来の関では5月下旬になるとゴマフリドクガが見られるようになります。
ドクガ科には30種以上居ますが毒針毛を持っていて注意しなければならないのはたった5種類です。
その中の一種類がこのゴマフリドクガです。
次のような特徴を持っています。
A横から見たとき後縁から上方へ立ち上がっている毛がある(二枚目の写真参照)
B足が毛深い
C体色が黄色・橙色か黒ずんだ色をしているもの
D小型の蛾


ゴマフリドクガ
③人が近づいたり,カメラが近づいてたりしても,ほとんど逃げずにいるゴマフリドクガ(ドクガ科)


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月(2018年)に見られた蛾(24)

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測