FC2ブログ

ウスバキエダシャク

2018年4月10日(火)
ウスバキエダシャク 撮影日:2012/04/11,2011/04/07,2017/04/19 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のウスバキエダシャクを紹介します。
今年も,四月になったらウスバキエダシャクが出現してきました。
見ただけでエダシャク亜科と分かりますが,同定するには時間がかかります。
その訳はこの仲間は似ているものが多いからです。

ウスバキエダシャク
触角が櫛歯状なので雄のウスバキエダシャク
そこでどのような特徴が見られるか調べました。
内横線は前縁近くで急に頭部の方へ曲がります。
その内横線が後縁まで伸びています。
内横線と後縁の交差点を結ぶと腹部背を通ります。
①その腹部背は黒くなっています。(黄矢印)

ウスバキエダシャク
これも触角が櫛歯状なので雄のウスバキエダシャク。
前翅外横線(赤矢印)には山のよう高くなった所(2つの赤矢印と前縁に近い所)が3つあります。
②その内の2つ(赤矢印)の所に黒点があります。
 雌(最後の写真)では不明瞭です。

ウスバキエダシャク
触角が糸状なので雌のウスバキエダシャク。

③白い亜外縁線(青矢印~青矢印)があります。
④内横線と外横線の間に短い黒筋があります。


科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 ウスバキエダシャク
大きさ 開張 雄27~31㎜ 雌22~30㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 4~5月
食餌動植物 幼虫はヒメヤシャブシ,クマシデ,イヌツゲ,コマユミ,ナツハゼ,エゴノキ,ハルニレの葉を食べます。
特徴 雄の触角は櫛歯状,雌は糸状です。

腹部背の 内横線を 結ぶ場所(黒くなる)


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスバキエダシャク

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測