5月の植物①

2017年5月16日(火)
5月の植物① 撮影日:2017/05/01~05/07 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは2017年5月1日~5月7日に勿来の関で撮影した植物です。

ムラサキサギゴケ
①ムラサキサギゴケ(ハエドクソウ科)
トキワハゼに似ています。
今年になってから初めてよく観察したので違いが少し分かりました。
違いは青矢印で示した下唇がムラサキサギゴケは紫色ですが,
トキワハゼの下唇は白いです。
これからは匍枝(ほし:横にはう枝)が伸びるので,それを確かめるのもいい方法です。


ハルジオン
②ハルジオン(キク科北アメリカ原産で帰化植物)
ハルジオンの花は,ほとんど白いです。
しかし,中にはこの花のように桃色が濃いものもあります。
私は桃色の濃いハルジオンが好きです。
左の植物はカラスノエンドウの葉です。


ヒメコウゾ
③ヒメコウゾ(クワ科)
この木の枝を千切ろうとしたら,何度も折り曲げなければなりません。
そのはずです。繊維が丈夫で和紙の原料になっています。
A枝の先にある赤いウニのようなものが雌花です。
やがて赤い実ができます。甘いような苦いような味でした。
B枝の元にある葡萄の房のようなものが雄花です。
 青矢印で示した白いものは雄しべの葯です。


マルバアオダモ
④マルバアオダモ(モクセイ科)
雄株と雌株に分かれています。
雌株はやがて小豆色のような薄い実を沢山つけます。
細長い花びらですが,沢山集まって咲くので目に留まります。
この木の樹皮をはぐと緑色の肌が表れます。


ホソバテンナンショウ
⑤ホソバテンナンショウ(サトイモ科)
マムシグサに似た花です。
しかし,細い葉(赤矢印)を開くので区別がつきます。
だから,ホソバテンナンショウというのでしょう。


ミヤマシキミ
⑥ミヤマシキミ(ミカン科)
雌雄異株です。
この花には雄しべばかりで雌しべはありません。
だから,この株は雄株です。
雄株の方が赤味を帯びていて綺麗です。
決して深山ではなく里に近い所など,どこにでもみられます。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 5月の植物①

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測