「ウソ」って本当

tori0155.jpg
撮影日時:2013/01/08 午前8:00頃 場所:いわき市勿来の関売店西の桜の木
首の部分が赤っぽい桃色をしていて奇麗な鳥です。

 この鳥の名は「ウソ」です。これは本当です。
 えっ,まさか本当の名前なんでしょうか。
 私は目を疑いましたが,何度,Web図鑑を見ても「ウソ」です。

 では,なぜこんな名前が付いたのでしょうか。
古くは口笛を「オソ」といい,そのような声で「ヒッヒッ」と鳴くから「オソ」が訛って,「ウソ」と名が付いたようです。

 雌は腹の部分の色が雄と違って地味な薄茶色をしているので,写真の鳥は雄です。

 勿来の関の遊園地近くのトイレでガサガサと音がする方向を見たら,首の回りが派手で奇麗な色をした鳥を見つけたました。首の回りが明るい桃色をした奇麗な鳥です。カメラを構える前に姿を消してしまいました。人影を見たからでしょう。

 もう一度,見たいなと思っていたら数日後の2013.01.08 午前8時頃勿来の関売店前の桜の木に小さな群れを見つけました。盛んに,桜の芽を食べています。こちらを向いたときにシャッターを押そうとしますが,上手い具合にいきませんでした。その上,桜の高い木の上なので近付けず大きく写すことはできませんでした。

 このとき,目にしたのは雄ばかりで雌の姿は,見かけなかったような気がします。

 2013年の1月も,去年と同じく最低気温が氷点下の日が多く,散歩するのを中止していたので
その後,「ウソ」がどうしていたのか分かりません。
 

 「ウソ」という本当の話でした。 

tori0156.jpg
撮影日時:2013/01/08 午前8:01頃 場所:いわき市勿来の関売店西の桜の木
桜の芽を盛んに食べている。

tori0158.jpg
撮影日時:2013/01/08 午前8:3頃 場所:いわき市勿来の関売店西の桜の木
もっと近くで大きく写したかったな。
雌の腹の部分の色は薄茶色をしているのでこの写真の鳥は雄です。


tori0157.jpg
撮影日時:2013/01/08 午前8:04頃 場所:いわき市勿来の関売店西の桜の木
顔がこちらを向いたときにシャッターを押すのは難しい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウソ 勿来の関の野鳥

コメントの投稿

Secre

見たいですねえ。

ホントですか?

朝8時・・・。
なかなかこの時間には勿来の関に行けないなあ・・・。
でも、太陽の光がよく当たって、いい写真が撮れそうな時間帯なんですね。
昼頃だと、光が上からになりますからね。

ウソを見たいです!

ウソの由来。

昔々、桜の開花を楽しみにしていた人々が、咲き出すのを今か今かと待っていると、たくさんのきれいな鳥が群れになってやってきたそうです。
すると、その鳥は、あろうことか桜のつぼみを片っ端から食べ始めたのです。。
それを見て、人々は思わず、「ウソ」と言ってしまったそうです。
それから、この鳥のことを「ウソ」と呼ぶようになりましたとさ。
ウソのようなホントの話です。

ウソです。

毎回コメントを頂き有難うございます。

 鳥の姿が映えるように上手く光が当たり奇麗に撮れたようです。しかも運がよいことに背景の青い空に首の回りの桃色が引き立っているようです。
 もう少し大きくはっきりと写したかったです。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測