9月に見られた蛾⑱

2017年1月25日(水)
9月に見られた蛾⑱ 撮影日:2016/09/10 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年9月10日に飛来した蛾です。

ハガタキコケガ
①ハガタキコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
開張が22~25㎜の小さな蛾です。
ベニヘリコケガやハガタベニコケガに似た紋様なので,ヒトリガ科コケガ亜科の仲間だと分かります。
これらの蛾の幼虫は,コケ類を食べるのでコケガ亜科に分類されているのでしょう。


オオバナミガタエダシャク
②オオバナミガタエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
ウスバミスジエダシャクと似ていて同定するのに迷ってしまいます。
内横線と外横線が前翅後縁近くで急に狭くならないのでオオバナミガタエダシャクです。
写真の蛾は触角が櫛歯状なので雄です。
灰色を帯びたものと褐色を帯びたものとが居ます。


キイロフチグロノメイガ
③キイロフチグロノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
地が黄色で焦茶色の紋様があり触角を背負っていますのでツトガ科であると分かります。
触角が腹端を超えるほど長いとは驚きです。
雄の腹部は長く腹端が後翅外縁を超え節が4つほど見えます。
この写真の蛾は腹端が僅かしか出ていないので雌と思われます。


キマダラオオナミシャク
④キマダラオオナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
ナミシャク亜科で触角を背負っているのに気が付き驚きました。
ツトガ科やメイガ科なら納得するのですが,シャクガ科ナミシャク亜科だったからです。
例外は必ずあることが分かります。
この蛾は一見,エダシャク亜科に見えてしまいます。
でも,外横線らしい黄土色の線(赤矢印)の波形がそれを示しているようです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑱

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測