12月に見られた蛾①

2016年12月27日(火)
12月に見られた蛾① 撮影日:2016/12/02~12/09 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ12月2日から12月9日に飛来した蛾です。

ヘリグロキエダシャク
①ヘリグロキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
食餌植物はクスノキ科のタブノキです。
「関東ではほとんど採れない。」と記載されています。
しかし,海岸に近い所でタブノキが生育している場所なら観察されると思われます。
何故なら,東北南部の勿来の関で,この蛾が見られるからです。


テンスジキリガ
②テンスジキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
次の3種類は似ていて同定が難しいです。
カシワオビキリガ・ミヤマオビキリガ・テンスジキリガの3種類です。


ダイズサヤムシガ
③ダイズサヤムシガ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科)
私が何時も見ている姿は,この写真の様に頭を壁に付けて腹端を上げている格好です。
頭に近い部分は黒ずんでいて,後方は薄褐色をしています。


クロオビフユナミシャク
④クロオビフユナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
毎年12月になると出現してくる「冬尺蛾」です。
雄はこのように立派な翅を持っていますが,
雌の翅は退化していて胴体より短い貧弱なものです。
だから飛べませんので移動は歩いて行っています。
私は一度見たことがあります。ブログで紹介していますのでご覧下さい。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 12月に見られた蛾①

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測