FC2ブログ

・「シノリガモ」 海に浮かぶ宝石


シノリガモ
torr0008_convert_20130218133054.jpg
撮影日:2013/1/7 場所:茨城県北茨城市平潟港
人影におびえ遠のく群れ。   最後だけ雌であとは雄。
このように雌は最後尾か先頭にいるのが普通です。
それはときどき進む方向が反対になるからです。


 この鳥の和名はシノリガモです。英名でHarlequin Duck(ハーレクィン)といいます。意味はまだらガモです。

 この海鳥にあったのは大分前です。顔に白い模様があるまだ,見かけたことがない鳥でした。図鑑によると,「寒くなるとロシアの方から日本に来る冬鳥である。」と載っていました。
 一番最初に,平潟港南側の堤防で見つけたときから,遠くてはっきり写せなく悔しい思いをしていました。
 ところが,今日は港の中で群れをなしているのを見つけたので早速写し始めました。ここは(港の中は)外海とは違って波が立たず,写しやすい場所です。でも,この鳥は極端に人を警戒し,人影を見るとすぐ遠くに離れ移動してしまいます。一度離れてしまうとなかなか近くには寄ってくれません。そこで,気付かれないように,船の陰に隠れながら近づきやっと大きく写すことができました。

 前回は光の当たり具合で,白い模様だけしか見えませんでした。それでも,白い斑模様が目立つ奇麗な鳥に見えました。ところが,今回は正面から光が当たる所に移動してくれたおかげで尚一層,彩りが豊かになった感じです。赤錆色が加わっただけなのですが,更に奇麗な鳥に見えました。私の見る目にも奇麗に見えるはずです。海に浮かぶ宝石と呼ぶ人がいるほどですから。

tori0139.jpg
撮影日:2013/1/7 場所:茨城県北茨城市平潟港
派手な雄たち
 この雄たちをよく観ると,一匹だけ模様が異なる雄がいます。左にいる鳥です。
赤錆色の脇腹の上部にある2つの白い斑点がありません。


torr0006.jpg
撮影日:2013/2/17 場所:茨城県北茨城市平潟港
地味な色の雌。雌には目の回りにだけ白い斑点が3つあります。
目の前後にある円形の斑点と目の下の三角形の斑紋です。


tori0141.jpg
撮影日:2013/1/7 場所:茨城県北茨城市平潟港
雄には首の後ろの方に縦の白い筋がある。
顔や首にある模様が耳飾りや首輪のようでお洒落なカモに見えます。


リンク:シノリガモ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シノリガモ 海に浮かぶ宝石 北茨城の野鳥

コメントの投稿

Secre

めずらしいカモ

シノリガモ・・・。珍しいカモですね。
初めて見ました。
カモが海にいることも初めて知りました。
しかも平潟港に。

ワクワクドキドキでしたね。

私もぜひ見てみたいと思いました。

また、珍しいものをぜひお願いいたします。

今日、平潟港に行ってみました。

シノリガモが見たくて、今日、平潟港に行ってみました。
残念ながら、全く見あたりませんでした。
いたのは、カモメ・・・おそらくセグロカモメとウミウでした。
海に浮かぶ宝石、見たいですねえ。
どのくらいの確率で見ることができるのでしょうか?

続けてのコメント有難うございます。

 コメントの投稿の方法が分かったので,遅ればせながら書きます。

 昨日も2013年2月14日(木)午後4時頃(夕方のせいか,わりと多く),今日も2013年2月15日午前9時頃(遅くて曇りのせいか少し)いました。

 ウミウがブイに3羽載っていたので,マクロレンズでなく300mmの望遠レンズを使って写しました。三脚はありますが好機を逃してしまうので使用していません。ぶれないように車に寄りかかりながら写しました。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測