ヒメヤママユ

2016年11月20日(日)
ヒメヤママユ 撮影日:2016/11/20 場所:勿来の関

 ヤママユガ科のヒメヤママユを紹介します。
 縁石の側面に時期遅れのヒメヤママユが2匹止まっています。
 今シーズンの出会いは,もう無いだろうと思っていました。
 ところが,何と今日(2016年11月20日)交尾中のヒメヤママユに会えました。
 雄と雌の違いを記録する良い機会だと思いました。
 そこで次の4つの視点に注目しました。
 ①触角の様子
 ②腹部の様子
 ③翅色の様子
 ④前翅長の長さ

ヒメヤママユ
翅色が橙色の蛾は触角が狭いのでヒメヤママユ雌です。
①4番目の写真から触角の違いを見て下さい。
 雄も雌も触角は両櫛歯です。
 雄の触角は赤矢印で示したように幅広くなっています。(幅広い触角から雄と分かります。)
 雌の触角は黄矢印で示したように幅狭くなっています。

ヒメヤママユ
翅色が茶褐色の蛾は触角が幅広いのでヒメヤママユ雄です。
翅色は個体差が大きいので「橙色ならば雌だ」とは決めつけられないようです。

②3番目の写真から腹部の違いを見て下さい。
 右の蛾は赤矢印で示したように腹部が細いです。(右の蛾は雄です。触角が幅広くなっているからです。)
 左の蛾は黄矢印で示したように腹部が太いです。雌です。

ヒメヤママユ
腹部が細い右はヒメヤママユ雄です。幅広い触角から分かります。
③5番目の写真には茶褐色(上)と外縁が橙色(下)の蛾が居ます。
 茶褐色(上)の蛾は幅広い触角なので雄です。
 外縁が橙色(下)の蛾は幅狭い触角なので雌です。

④前翅長は雄も雌も40㎜でした。

ヒメヤママユ
右の蛾の触角は幅狭いので雌,左は幅広い触角から雄のヒメヤママユです。
結論
 ①雄は触角が幅広く,雌は触角が幅狭いです。
 ②雄の腹部は細く,雌は太いです。
 ③と④個体差があって結論は出ないです。(外縁が橙色の蛾は雌の可能性が大きいと思われますが・・・)

ヒメヤママユ
下の蛾は腹部が太く幅狭い触角からヒメヤママユ雌と分かります。

 科名 ヤママユガ科
 和名 ヒメヤママユ
 大きさ 開張 雄85~90 雌90~105㎜
 分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 10~11月
 食餌動植物 幼虫はサクラ,ウメ,ナシ,スモモ,サンゴジュ,ガマズミ,クヌギ,ミズキ,ウツギ,カエデ,クルミ科,ニレ科の葉を食べます。 成虫は何も食べません。
 特徴 雄の触角は羽毛状,♀は両櫛歯状。
     4枚のはねにひとつずつ眼状紋を持っています。

雄と雌 違いはひげの 幅にあり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメヤママユ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測